今日の迷言・余言・禁言

“能力”と“結果”の間に潜むもの

オリンピックを見ているとよくわかるが、“能力”=“結果”ではない。その中間に“+アルファ”として潜んでいるものがある。それを多くの人は「運」という。もしも、“能力”と“結果”とが、完全に“イコール”でつながるなら、オリンピックの面白さは半減してしまう。オリンピックだけでなく、個々の“人生の軌跡”としての面白さや不思議さも半減してしまう。極端な話、学校での“成績の順序”が、そのまま“社会的な成功度合い”とか“地位・名誉の獲得”とかを定めるのであれば、それ以降の努力は無駄になるし、能力的に劣っている人には“成功”や“出世”や“勝利”は、ありえない、ということになる。ところが“現実”はどうだろう。学生時代は“落ちこぼれ”だった奴が出世しているとか、事業を起こして成功しているケースはまれではない。逆に、学生時代は常に成績がトップだったのに、いつしか“落ちぶれ”悲惨な境遇にあることも珍しいことではない。奇妙なことに、われわれが生きていく過程において、“能力”=“結果”とならないことは、誰もが経験的に実感している。その間には「運」と呼ぶ魔物が潜んでいることも、多くの人たちの見解は共通している。いや、正確にいえば「運」だけとも限らない。“性格”だったり“容貌”だったり“環境”だったりも、“+アルファ”として加わることがあるからだ。さらに“努力”というものも、忘れてはならない。これらが総合的に加わって、個々の人生は“あぶりだされて”来る。もちろん、社会的に“成功・出世”したからと言って、それがそのまま“幸福”とイコールかといえば、そうでもない。奇妙なことに“成功”や“出世”で得られる「幸福」は、ほんの少しでしかない。とびぬけた“成功”や“出世”などしなくても、十分に“幸福をかみしめている”人たちはたくさんいる。結局、神様は良くしたもので“能力”だけでは“幸福を得られない”よう実に巧みな“運命のプログラム”を個々の人生に与えている。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.