今日の迷言・余言・禁言

脳腫瘍「手術中」も交響曲を弾き続けた奏者

自分の仕事に対して「プライド」を持っている人は多い。この場合には、執刀医とそれを受ける患者とが、共に自分の仕事にプライドを持っていた。だから、執刀医が「左手の神経は絶対傷つけませんから安心してください」と言った時、患者のバイオリン奏者は「私も身動き一つせず演奏することを誓います」と応じたのだ。最初、執刀医には患者が何を言っているのかが分からなかった。「もちろん、先生の手術に失敗はあり得ません」患者はたたみかけるように言った。「私も演奏には自信を持っています。だからバイオリンを弾かせてほしいのです」「……まさか」「手術中に左手神経が傷ついていない証明として弾き続けていたいのです」「……」「腫瘍は左手神経のギリギリまで達している、と先生はおっしゃいました」「確かに」「でも、絶対に傷つけない」「そうです」「私もそう信じます。だから弾き続けたいんです」「頭部は固定しますが、それでも微かに動く可能性はある」「首から上はピタリとも動かさずに演奏します」執刀医はそれでも迷っていた。「手術中は麻酔を打つので手指の動きも制限されますし、寝たままの姿勢で演奏は…」「大丈夫です。演奏には自信があるのです。それとも先生、神経まで傷つけてしまう不安があるのですか」「絶対に傷つけないと言っています」「だったら演奏させてください。美しい音楽は手術の緊張を解きほぐします」患者の挑発に応じてしまう形で前代未聞の試みが行われることになった。脳腫瘍の切除手術中に患者がバイオリンを弾くという離れ業は今年の1月31日、英国で行われた。その手術には6時間を要した。元々彼女ダグマル・ターナー氏(53歳)は2013年のコンサート中に発作を起こして脳腫瘍を発症した。その後、放射線治療を受け続けていたのだが、2019年には腫瘍が大きくなって、どうしても除去しなければいけないところまで来てしまった。そこで右前頭葉からの摘出手術を受けることになったのだ。ただ左手神経をつかさどるギリギリまでメスが入るため、バイオリン奏者が不安に思ったとして無理はない。実際、彼女はマーラーの「交響曲第5番」など3時間にもわたって弾き続けたという。双方とも、プロの意地とプライドに掛けて、この手術は無事成功した。


最近の記事はこちら

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

「四川省の森林火災」が予告するもの

私が年初からもっとも“不安視”していたものが、徐々に具体化しつつある。年初から、何をもっとも“怖れ”ていたかと言えば「防ぎようのない自然災害」だった。私は年初にオーストラリアで森林火災が猛威を振るって…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.