今日の迷言・余言・禁言

自らの寿命を縮める“金正恩の眉”

金正男氏の“暗殺”が世界に衝撃を走らせてから10日経った。未だ“謎”の多い事件だが、北朝鮮からの“暗殺指令”の元に行われた出来事であろうことは間違いがない。自らの“義兄弟”の命まで犠牲にしなければ、安泰を保てない“権威”とは何んと虚しいことだろう。私は、かつて金正恩氏がトップに立つことを知った時に、その“口唇が極端に小さい”ことを指摘した。誰かが側で支える形をとらなければ、この“小さな口”で国を統治することは出来ない。極端に小さな口は、その時々の感情や気分に流されて発作的に決断を下しやすい。状況を静観し、清濁を併せのむ度量に乏しいのだ。国ではなくても、大きな組織を率いる人は“大きな口”をしている方が、組織が安定する。最初、彼の側には叔父の張成沢氏が居た。けれども、金正恩氏はその叔父を処刑した。こうして自ら“支え”を外してしまったのだ。彼の“眉”が短くなり始めたのは、この後からである。本来、血統の後継者として成功するためには“長く形良い眉”を持っていることが絶対条件である。三千年間続いた“エジプト王家”を見れば良い。ツタンカーメンの仮面に描かれた眉は、ひときわ長く形が良い。あれこそ正に“正統継承者の眉”なのだ。よく“セレブお嬢様”などが雑誌に掲載されるが、眉が長く形良ければ、その家系は安泰である。そういう意味で、金正恩氏の眉は、あまりに短い。口も極端に小さくて“組織リーダー不向き”の相だが、眉も短すぎ“正統継承者”として不似合いな相なのだ。しかも、眉には第一に“兄弟運”が示される。元々が“血の余り”である眉は、兄弟・親戚の運が表れる部位なのだ。さらに“寿命”とも関係している。元首相の村山氏の眉が“櫛で梳かす”ほどふさふさ長いのは、情愛豊かな“長寿者の相”だからだ。そういう意味でも“極端に短い眉”は不吉なのだ。女性の場合、眉は“描き眉”でも良いので、長く形良く描くべきだ。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.