今日の迷言・余言・禁言

自分にとっての「快適な居場所」

人の“生き方”というのはさまざまです。どうしてさまざまなのかというと皆“心地よい生活”を求めているからです。そして、その“心地よい生活”が人によって、異なるからです。人は最終的に“自分にとって”というのが何よりも重要になります。あらゆる“選択肢の中”で、何を基準にするかというと、最終的に到達するのは“自分にとっての心地よい生活”が一番なのです。それが他の人から見れば“奇妙”に思えたとしても、自分にとっての“心地よい生活”が保障されているなら、そこに居たいと思うのは当然のことです。仮に現在の生活が“そうではない”なら、無意識に“そういう方向”へと向かってアンテナを研ぎ澄ましながらの“落ち着かない生活”が続くものです。そしていったん“その居場所”を確保したなら、今度はそこから容易には動こうとしないものです。自分にとっての「快適な居場所」は、“仕事や職場”の方にある場合もあれば、“恋愛や家庭”の方にある場合もあります。その両方の「快適な居場所」を既に得ている場合は、本人にとって“満足を得ている生活”となり、自分の“生き方”に後悔することがありません。但し、この「快適な居場所」を得ている生活というのは、あくまでも“心地よい生活”であって、“理想的な生活”というのとは異なります。この二つを混同してしまうと“倖せが遠のいてしまう”から注意しなければいけません。


最近の記事はこちら

「自殺願望」9割が20代女性という衝撃⁉

厚生労働省が昨日公表したデータによると、SNSなどで“自殺相談”をしてくる人たちの9割が20代で、そのうち95%は女性だったという事実が明らかにされた。このデータだけから考えると、日本は20代女性が“…続きを読む

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.