今日の迷言・余言・禁言

自分の「死亡届」を出した息子は…

茨城県守谷市で彼は出生した。高校時代までは真面目で口数は少ないが活発だった。高校野球部でそこそこ活躍もした。卒業後は地元の消防士となった。それは彼が子供時代から「なりたい」と言っていた職業だった。それから間もなく、高校時代から付き合っていた女性と結婚し、子供も生まれた。ところが、徐々に彼が変わり始める。職場に出ない日が多くなったのだ。結婚後も実家暮らしをしていた彼は、ある日、家族の前で突然「もう消防署に行きたくない」と号泣した。理由を訊くと「イジメられている」と告白した。そして間もなく、彼は本当に職場を辞めてしまった。無口で真面目な彼が、ちょっとしたいびりとか叱責に反論できないであろうことは容易に想像された。だから、誰も、辞めたことを咎めなかった。けれども、そこから彼の人生は大きく狂っていく。新たな職場としてコンビニとかレンタカー会社に勤めたが長続きしなかった。職場を変わるうち、徐々に対人恐怖症が出てきた。精神科で薬をもらうようになった。家族との関係も悪化し、やがて離婚となった。子供は妻の方が引き取った。ふさぎ込み、引きこもることが多くなった。2008年2月、街の消防署に侵入し、消防服を盗み出し、消防服姿でコンビニ店に行き「定期点検です」と言って奥に入って、9万円を盗んだ。警察は“金目当ての犯行”と決めつけたが、父親は本人が“欲しい”といった金は与えていた。消防服姿に戻りたかったのだ。今年1月半ば、いつになく息子は明るかった。「IT企業に就職が決まりそうなんだ」「IT企業なんて、おまえに大丈夫なのか」またイジメられるのではないか、父親には嫌な予感が走った。息子は楽しそうに笑った。3月28日、警察が来て、息子が逮捕されたことを伝えた。「有印文書偽造・同行使」「電磁的公正証書原本不実記録未遂」という罪名だった。茫然となる父親に、警察官は息子が1月23日夜9時ごろ、市の庁舎にやって来て、身内の者だとして「死亡届」を警備員に渡して立ち去った。ところが、その届に空欄が多いことに疑問を持ち、調査した結果“偽造”と判明したのだ。なぜ、自分自身の「死亡届」を出そうとしたのか、本人は黙したままである。


最近の記事はこちら

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

“アナリスト予想”が一致する時は要注意⁉

ケンカ好きなトランプ大統領が今、相手をしているのはトルコのエルドアン大統領だ。それにしてもトランプ大統領は常に誰かとやり合っていないと気が済まないらしい。そのたび市場は混乱し、通貨や株価が変動し、大迷…続きを読む

「正直」「公正」が通用しない人達と…

事実上、自民党の総裁選がスタートしているが、今一つ盛り上がらない。もう大勢が判明していることもあるが、現首相への対抗馬が石破氏ただ一人でちょっと寂しいこともある。野田聖子氏も未だ“出馬への意欲”は捨て…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.