今日の迷言・余言・禁言

“自分を取り戻す”ための復帰劇

がん闘病中のタレント・小林麻央さんの実姉で休養中のタレント・小林麻耶さんが4月から昼「バイキング」に復帰することが決まった。最初は坂上忍氏との“対談VTR出演”のようである。そして実際の出演時期は未定のままである。つまり、出るか出ないかわからないが、とりあえず“席を残しておく”ためのVTR出演なのだ。私は彼女が体調を崩して番組中に病院搬送となった翌日のブログで“周囲に気を使いすぎる性質”を指摘し、本来は“バラエティ番組は向いていない”ことを指摘した。そうして専門性の高い教養番組のMCとか、“訊き手に回る仕事”が相応しいと記しておいた。まだ、小林麻央さんの“闘病”が伏せられていた時期のことである。その後、小林麻央さんの“闘病”が明らかとなり、その影響での変化かのよう一般には伝えられた。ところが、どうもそれだけではないらしいことが徐々に明らかとなった。運命学的な観点からいうと、本来“仲の良い兄弟”は以心伝心しやすく、一方が病気となると、もう一方も体調を崩しやすい。二人で暮らす“仲の良い夫婦や親子や親友”でも同様のことが起こる。ただ看病に当たらなければ…という使命感が体調をぎりぎりで保っていくケースが多い。そういう点からいうと、妹の小林麻央さんの方はがんであり、回復のめどが立たない。その影響下にある姉が、そう簡単に回復するとは思えない。但し、だからと言って完全復活してから職場に戻ろうとしても、それまた難しい。通常の仕事や職場でもそうなのだが、こういう場合、多少、無理でも“仕事復帰”していく方が良い。その方が“以心伝心の作用”を多少緩和させる。そして社会的意識が“本来の自分”を取り戻させていく。だから早めに“実際に出る形”を取った方が良い。但し、最初にも述べたようにバラエティではなく、もっと“硬派の番組”が彼女には向いている。自分に与えられた「明るい天然キャラ」は忘れてしまうべきだ。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.