今日の迷言・余言・禁言

“自分を取り戻す”ための復帰劇

がん闘病中のタレント・小林麻央さんの実姉で休養中のタレント・小林麻耶さんが4月から昼「バイキング」に復帰することが決まった。最初は坂上忍氏との“対談VTR出演”のようである。そして実際の出演時期は未定のままである。つまり、出るか出ないかわからないが、とりあえず“席を残しておく”ためのVTR出演なのだ。私は彼女が体調を崩して番組中に病院搬送となった翌日のブログで“周囲に気を使いすぎる性質”を指摘し、本来は“バラエティ番組は向いていない”ことを指摘した。そうして専門性の高い教養番組のMCとか、“訊き手に回る仕事”が相応しいと記しておいた。まだ、小林麻央さんの“闘病”が伏せられていた時期のことである。その後、小林麻央さんの“闘病”が明らかとなり、その影響での変化かのよう一般には伝えられた。ところが、どうもそれだけではないらしいことが徐々に明らかとなった。運命学的な観点からいうと、本来“仲の良い兄弟”は以心伝心しやすく、一方が病気となると、もう一方も体調を崩しやすい。二人で暮らす“仲の良い夫婦や親子や親友”でも同様のことが起こる。ただ看病に当たらなければ…という使命感が体調をぎりぎりで保っていくケースが多い。そういう点からいうと、妹の小林麻央さんの方はがんであり、回復のめどが立たない。その影響下にある姉が、そう簡単に回復するとは思えない。但し、だからと言って完全復活してから職場に戻ろうとしても、それまた難しい。通常の仕事や職場でもそうなのだが、こういう場合、多少、無理でも“仕事復帰”していく方が良い。その方が“以心伝心の作用”を多少緩和させる。そして社会的意識が“本来の自分”を取り戻させていく。だから早めに“実際に出る形”を取った方が良い。但し、最初にも述べたようにバラエティではなく、もっと“硬派の番組”が彼女には向いている。自分に与えられた「明るい天然キャラ」は忘れてしまうべきだ。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.