今日の迷言・余言・禁言

自動運転の「バス」や「タクシー」が走る時代

「自動運転」という言葉を聞いても、いまひとつピンとこない。遠い“未来の話”のような気がするからだ。ところが、どうもそうではないらしい。オランダでは既に自動運転のミニバスが試験走行を開始している。シンガポールでも自動運転による「ロボタクシー」が、現在は試験段階で2018年の実現化を目指している。ドバイでは2030年までに無人化で“スマート車両”による「完全自動車両」の実現を想定している。こんなふうに世界は着々と“その日”に向かっているのだ。ドバイやシンガポールなど、どちらかと言えば「お金持ちの観光国」がそういうことに対して積極的である。日本も“それ”を目指すなら、オリンピックまでに“一部バス車両を自動運転”に切り替えるなどの努力をした方が良い。そのためには“早急な開発”が必要で、もちろん日産とかトヨタとか日本の自動車メーカーも“研究実験”は進めているが、2020年のオリンピックまでにというスローガンを掲げて国家規模で予算も出して進めた方が、早く実現化しやすいと思う。しかも、そうすることで“世界に売り込むこと”ができるようにもなる。日本は自動車産業の占める割合が大きいので国益にもかなっているし、訪日客にも利用しやすい。日本の交通網はなぜか発展が遅れがちである。今回も台風が来たら、たちどころにメイン道路や線路が絶たれて、北海道ではJRが1か月も動かない地域が出てきた。これではビジネスにはもちろん、海外からの観光客にとっても“融通の利かない国”“身動きのできない国”と思われても仕方がない。とりあえずの“補修”ばかりで進歩の乏しい観光国は、世界から取り残されていくのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

預金1000万が「宝の持ち腐れ」になる⁉

世の中に「心配性」の人は多い。心配性の人は、どんなに周りが「大丈夫」といったところで訊く耳を持たない。大体が“長期的未来”を考えすぎる。「未来」とか「将来」について考えることは悪いことではないが、せい…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.