今日の迷言・余言・禁言

自動運転の「バス」や「タクシー」が走る時代

「自動運転」という言葉を聞いても、いまひとつピンとこない。遠い“未来の話”のような気がするからだ。ところが、どうもそうではないらしい。オランダでは既に自動運転のミニバスが試験走行を開始している。シンガポールでも自動運転による「ロボタクシー」が、現在は試験段階で2018年の実現化を目指している。ドバイでは2030年までに無人化で“スマート車両”による「完全自動車両」の実現を想定している。こんなふうに世界は着々と“その日”に向かっているのだ。ドバイやシンガポールなど、どちらかと言えば「お金持ちの観光国」がそういうことに対して積極的である。日本も“それ”を目指すなら、オリンピックまでに“一部バス車両を自動運転”に切り替えるなどの努力をした方が良い。そのためには“早急な開発”が必要で、もちろん日産とかトヨタとか日本の自動車メーカーも“研究実験”は進めているが、2020年のオリンピックまでにというスローガンを掲げて国家規模で予算も出して進めた方が、早く実現化しやすいと思う。しかも、そうすることで“世界に売り込むこと”ができるようにもなる。日本は自動車産業の占める割合が大きいので国益にもかなっているし、訪日客にも利用しやすい。日本の交通網はなぜか発展が遅れがちである。今回も台風が来たら、たちどころにメイン道路や線路が絶たれて、北海道ではJRが1か月も動かない地域が出てきた。これではビジネスにはもちろん、海外からの観光客にとっても“融通の利かない国”“身動きのできない国”と思われても仕方がない。とりあえずの“補修”ばかりで進歩の乏しい観光国は、世界から取り残されていくのではないだろうか。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.