今日の迷言・余言・禁言

自宅で家族を殺害・解体した僧侶

私の地元、札幌の豊平区と言えば、以前住んでいたところだ。その豊平区で“殺人事件”が起こった。僧侶が自宅で家族を殺害して、それを解体しかけて、疲れ果て我に戻ったのか、誰かに気付かれると観念したのか、解体作業の途中で警察に出向き「自宅に死体がある」と自首したのだ。こうして長岡雅人(60歳)は“死体遺棄容疑”で逮捕された。浴室で“首なし死体”となっていたのは、妻の木の美(58歳)さんと長男の親良(ちから・19歳)くんである。死因は窒息死のようで、つまり、絞め殺して後、解体しようとしたらしい。どうして途中で止めたのかについては、判然としていないが、多分、親良くんに対して何度も電話が掛かってきて、ここままでは気付かれると感じたからのような気がする。或いは、おかしくなっていた頭が正気に戻ったからのような気がする。長男が友達に語ったところでは、地元に帰省してみると、父親の様子がおかしく、殺されるとか、殺しに来るとか言っていて、精神的にまともではなかったらしい。それが伝えられていたことで、逢う予定になっていた仲間たちは、LINEからの反応が突然途絶えた彼に対して心配し、何度電話しても応答しないので不安を募らせていた。そういう中で、彼の父親が自首したのだ。最近、この種の事件が多い。家族が家族を殺す。自宅の中で殺される。本来なら“最後の砦”にならなければならない自宅が、或いは家族が“予期せぬ敵”に変わっている。しかも、今回の事件は、お寺の僧侶が起こしている。その寺に対しては、事件前後に「1週間ほど休みたい」と電話を入れている。そうなると単なる“狂気の犯行”とは言えなくなってくる。精神的におかしかったのかもしれないが、冷静な一面も持っていたのだ。もし、長男が帰省していなかったなら、事件は起こらなかったのだろうか。或いは事件に巻き込まれなかったのだろうか。長男の名は「親良(ちから)」という珍しい読み方の姓名だが、読みようによっては「良い親」とも読める。刑務所の中で、父親である僧侶はひとり読経を繰り返すだろうか。


最近の記事はこちら

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.