今日の迷言・余言・禁言

自然界は、その“チャンス”を与えようとしている?

大昔、私は3週間ほど、東京で暮らしたことがある。夏の終わりで、あまりの暑さに毎日“かき氷”ばかり食べていた。東京はとても人間の住めるところではないと感じた。あれから、何十年も月日が経って、私の身体は、完全に“北海道仕様”になっていて、夏場は室内でエアコンを使っているから、外へ出た時には札幌の“ちょっとした夏の気温”でも、長時間は歩き続けられない。さいわい札幌は“地下道”を歩くことで主要なところへ出ることが可能なので、その点は暮らしやすい。だから海外で気温が50度以上などと聞くと、改めて“日本で良かった”と思えてしまう。7月22日にはイラクのバスラで53.9度。7月21日にはクウェート北西部で54.0度。とてもではないが“生存可能”に思えない。そもそも日本人の肌は弱いから、3年前の四万十市41.0度でさえも“普通に暮らせる気温”とは思えない。これまでの世界の観測史上最高の気温はカルフォルニア州デスバレーの56.7度だそうだ。世界は広く、生存という観点からは“過酷すぎる環境”が山ほどある。人間は本来、そういう自然環境と闘いながら生き延びてきた。過酷な環境では“互いに助け合わなければ”生き延びることができない。ごく自然に“結束力が生まれる”ように出来ている。けれども、過酷な自然環境を脱出すると、一致団結することが難しくなる。そういう環境の中で“さまざまな宗教”や“さまざまな思想”や“さまざまな利害”が生まれて、今やどの国も自国を守ることに必死で、“共存”や“結束”を忘れ去ろうとしている。地球温暖化による気温の上昇は、そういう人類に神が与えた“共存・結束”の最後のチャンスなのかもしれない。


最近の記事はこちら

懐かしい「逃亡者」の正義感

人は根本的に“あまり変わらない”ものである。私がアメリカのTVドラマ「逃亡者」の日本語放映を最初に見たのは今から50年ほども前のことだ。このTVドラマは全米で爆発的にヒットし、それが日本でも放映され同…続きを読む

あらゆる点で「格差」が悲劇を呼ぶ

九州北部の“豪雨被害”の記憶が冷めやらない中、今度は秋田県が集中豪雨で“狙い撃ち”されている。近年になって、昔に比べて34%も集中豪雨が増えているというデータが公表されたばかりである。明らかに、日本の…続きを読む

ベストセラー作家・波木星龍の誕生?

世の中、暑くなるといろんな人が出て来る…まあ、そういうことで、ここにも一人、暑くなって“ベストセラー作家”になったかのような“勘違い男・波木星龍”が誕生している。「パピルス」という電子書籍店の“今週の…続きを読む

“ヤラセ心霊写真”は「霊」たちに失礼

世の中、一生懸命でも“中々報われない人”と、いい加減でも“スポットライトを浴びる人”とがいる。何も知らずに“TVに出てしまう人”もいれば、いつの間にか“霊に仕立てられてしまう人”もいる。7月19日TB…続きを読む

「偶像」を禁じながら「偶像」しか許さない矛盾

サウジアラビアでSNSにミニスカート姿で街を歩いた動画を載せた女性が逮捕された。イスラム教国でなければ、何ら問題の無い“後ろ姿”の動画である。サウジアラビアというのは、同じイスラム教国でも比較的“原典…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.