今日の迷言・余言・禁言

“花田兄弟”を連想させる“浅田姉妹”

ふと、懐かしい映像を思い出す。相撲の世界で“若貴兄弟(花田兄弟)”が絶頂期にあった頃の“仲睦まじく見えた兄弟”の姿である。あの頃、まさか“憎しみ合う兄弟”になるなど、誰が想像しただろう。人生はわからない。もちろん、“浅田姉妹”とは“阿佐ヶ谷姉妹”ではなく、フィギュアスケートの“浅田真央・浅田舞”の姉妹のことである。つまり、私には“若い頃の相撲兄弟”と“若い頃のフィギュア姉妹”とが、重なって見えるのだ。もちろん、それは“今現在”を指して言っているのではなく、将来の姿を幻視して言っているのだ。そして、そうならないことを祈るばかりである。この二組の兄弟には“共通項”が多すぎる。十代半ばから、“とびぬけた才能”と“可愛らしい笑顔”とがあり、華やかな栄光と人気を得ていた。“理想的な兄弟”のように、世間には見えた。けれども、本人たちには比較的早くから確執があった。弟や妹の方が“絶対王者”であり、兄や姉の“本当の興味”は他にあった。性格的にも、明らかに違っていた。さて、浅田姉妹の方は、今後、どうなっていくのであろうか。もちろん、浅田真央選手は一応“現役続行”するだろうが、落ちていくばかりである。そんなことは本人だって知っている。けれども、CM契約が残っているから、今すぐ止めるわけにはいかないのだ。それに“妹”はスケートが好きなのだ。“姉”のようにはなりたくないのだ。その“姉”は麻薬Gメンからマークされている。元々、真面目に練習するよりも、夜の“世界探訪”の方が、姉は好きだったのだ。「普段はノーパンです」と公言する姉は、妹にとっては“一緒にされたくない相手”であるに違いない。けれども、世間は“別々の女性”とは見ない。なぜなら、十代の頃を誰もが知っているからだ。十代半ばから、世界の“檜舞台”に登場することは、“幸運な人生”といえることなのであろうか。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.