今日の迷言・余言・禁言

芸人&アイドルに「ニュース」を語らせる危うさ

“未成年女性に飲酒を勧めた”としてNEWSの小山慶一郎氏が“活動自粛”に追い込まれ、事実上キャスターを降板した。近年、ニュース番組やワイドショーに“芸人&アイドル”がMCやコメンテーターという立場で多数登場している。奇妙なのはフリーのアナウンサーなど山ほどいるのに、そういう人には“ニュース番組”からのお呼びはかからず、“バラエティー”や“グラビア撮影”など関係ない分野からのみお呼びがかかる。その一方で、本来は“芸人”や“歌手・アイドル”であったはずの人が、いつの間にか情報番組のMCとなったり、コメンテーターとして登場する。今では「朝の顔」にも「昼の顔」にも「夜の顔」にも、芸人や女優やアイドルがいる。やはり、その方が視聴率が良いからなのであろうか。確かに芸人のコメントは、それなりに面白い。女優やアイドルの笑顔には“癒し”の効果があるのかもしれない。けれども、それらの人達は、本来の“活躍分野”があるではないか。ニュースや情報番組は、その道のプロに任せてあげないと、映画にも出ている、TVドラマにも出ている、MCとしても出ている、歌手としても出ている…というのでは飽きられやすい。また何か事件に巻き込まれた時、世間は徹底的にバッシングするものだ。そういう時、TV局や番組は本人に味方してくれるのかというとそうではない。あっという間に“切り捨てる”のが常だ。芸人とかアイドルの方達をニュース番組や情報番組に用いた場合、時として“報道の中立性”が保てなくなることもある。例えば、政治報道などの場合、芸人やアイドルは、基本的に番組ディレクターが指示するままのコメントを語るものだ。つまり、自分の考えや意見ではないのに、さも自分の考えであるかのようなコメントを発する。元々専門の立場にはない政治や経済、法律や犯罪に詳しいわけではない。番組ディレクターの意のままに語るのが芸人やアイドルなのだ。或る意味で、それは大衆を誘導するのに都合の良い形でもある。そういう意味では特定の政治思想を持つ人物がニュース番組や情報番組の舵取りを担っている場合、大衆を誘導する番組作りをする可能性があるということだ。そうならないためにも、芸人やアイドルをニュースに起用するのは危険なのだ。


最近の記事はこちら

「平成駆け込み婚」&「令和婚」と天王星アスペクト

私は基本的に自分の宣伝めいたことを書くのはあまり好きではない。ただ今回は占星学の研究者には参考になるかもしれないので、一応記しておく。月に1回(厳密に言えば現在は2回分)ココロニという占いコンテンツ企…続きを読む

「警察で預かる」と詐欺した巡査長

職業的にみて「絶対にやってはいけないこと」というのがある。例えば、警察官が特殊詐欺に遭いそうになった人のお宅に出向いて行って“詐欺をする”なんて、これはどう考えたって救いようがない。親切そうだった現職…続きを読む

購買率95%男性「お嬢様聖水」は“美容飲料”⁉

最近は“ネーミング”ひとつで同じ商品でも売れたり、売れなかったりする。今、密かに話題となっているのは「お嬢様聖水」だ。別に“成人向け”なわけではない。けれども、一般のコンビニなどではまだあまり置かれて…続きを読む

お手本とすべき「ぱみゅぱみゅ」の言葉

人間には元々“偏見”の強い人と、少ない人とがいる。口では「平等」などと言いながらも、その言動を見ると、とても平等な見方を持っているとは思えない著名人も多い。昨日、私が感心したのは歌手きゃりーぱみゅぱみ…続きを読む

“過去は幻”として選択した「ビートたけし」

私が「こいつはスゴイ‼」と驚いたのは、まだ世間的には「ビートたけし」の名が浸透していない頃であった。何気なく見た番組で吉田拓郎氏がゲストとして呼んだのがTVに出始めたばかりのビートたけし氏であった。そ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.