今日の迷言・余言・禁言

芸者「アンナ」に芸者「ゆう子」の“背後霊”⁉

「アンナ」という芸者なのだそうだ。しかも、その芸者、今は舞台で“おんな”を抱いている。それでも、ちゃんと“性転換”して、芸者になれるのだそうだ。どうやって芸者になるのかというと、新橋の芸者さんに弟子入りして着物の“着付け”や“所作”など教えを受けたからだ。本当は浅草の芸者さん「浅草ゆう子」さんに弟子入りすべきだったのだが、2月20日に亡くなってしまった。12歳から浅草の芸者置き屋「新菊の家」に奉公で入り、16歳で芸者デビューをし、何と80年近くも芸者として働き続けた方だ。享年96歳。それから一日置いて、元宝塚のトップスター・湖月わたる氏が舞台「雪まろげ」で“芸者を目指す女アンナ”を演じることを記者会見で宣言をした。元々“男役”で、現在は「ベルばら45」で“おんな”を抱いている。それが一転して今度は“芸者役”を演じるというのだ。その切り替えのためには、私生活でも超ミニスカート姿に切り替えることで乗り切ると断言。その湖月氏の発表を待つかのように、本物の浅草芸者として80年近くを過ごした「ゆう子」氏は亡くなった。きっと今回の舞台では「アンナ」の背後霊として、のりうつってくれるに違いない。何しろ80年も芸者をしていたのだ。川端康成や田中角栄や美空ひばりなど著名人から愛された芸者は、性転換したばかりのアンナを危なっかしくて見ていられないに違いない。さりげなく背後に憑いて、芸者らしい着付けや所作を教えるに違いない。この舞台は、今は亡き名女優・森光子氏の代表作の一つで、主役である東北温泉街の芸者・夢子を演じていた。その夢子の“妹分”に当たるのが「アンナ」なのだ。だから、もしかすると森光子氏も見てられなくて一緒に“背後霊”となって、湖月わたる氏の所作などを手伝うかもしれない。こうして“芸者を目指す女アンナ”は二人の大ベテランがさりげなく手を貸して“舞台・芸者”らしくなっていくのだ。


最近の記事はこちら

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い…続きを読む

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

手相の頭脳線と「認知症」の関係

人間は誰でも齢を取る。そうすると誰でも弱っていく。肉体的に弱っていくのは当然で仕方がないのだが、頭脳が弱っていくのは困る。生活に支障が出るからだ。漫画家でタレントの蛭子能収氏がTVの“健康診断番組”で…続きを読む

40か国「世界500店舗」紳士ブランドが破綻

かつてはウォール街で一番人気だった紳士ブランド「ブルックスブラザーズ」が銀行に“破産申請”を出した。創業200年、リンカーン大統領やケネディ大統領も愛用したスーツの老舗ブランドで、世界40か国、500…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.