今日の迷言・余言・禁言

“若さ”で暴走する「浪速のエリカ様」

「浪速のエリカ様」こと上西小百合議員が、最近、暴走気味である。一部で「嚙みつき芸人」とも呼ばれているらしいが、確かにそういう一面もある。ここにきて芸能事務所タイタン・太田光代社長に噛みついて注目されている。この事務所には元大阪市長の橋下徹氏が属しているからだ。元々、上西小百合議員は橋本氏が率いる「大阪維新の会」から出てきた議員だ。言ってみれば、橋本氏は自分を“世の中に出してくれた恩人”なはずである。けれども、ふたりは上西議員が“お泊りスキャンダル”を週刊誌にすっぱ抜かれて以降、衝突する仲となり、今は二人とも「維新の会」から外れている。まあ、上西議員の場合は“周囲は皆敵”という感じで、最近はさまざまな人たちに“ケンカを吹っかけて”いる。どうも、この人は“ケンカ好き”らしい。一般論として言えば「生意気な女」であり「礼儀知らずの失礼な奴」なのだが、私はこの女性の持っている“若さ”を面白いと思う。というか、うらやましいとさえ思う。私も若い頃、よく暴走したものである。人間、多少“生意気”だったり“礼儀知らず”な部分を持っている奴の方が、“大きな才能や資質”を秘めていることがある。“若さ”には勢いがあり、情熱があり、行動力があるものだ。少し強引で無礼で破壊的ではあるが、男性優位の“政治世界”で名を成そうともくろむのであれば、これくらいの“暴走族”はいた方が良いのかもしれない。過日、三原じゅん子議員を「ばか」と公言した。いくらなんでも「ばか」はないが、せめて「おバカな部分もあるのでは…」程度にしておいたほうがよろしい。まあ、そういう風に、もう少し表現に気を付けた方が良いが、しかし“面白い人物”であることは間違いない。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.