今日の迷言・余言・禁言

“若さ”で暴走する「浪速のエリカ様」

「浪速のエリカ様」こと上西小百合議員が、最近、暴走気味である。一部で「嚙みつき芸人」とも呼ばれているらしいが、確かにそういう一面もある。ここにきて芸能事務所タイタン・太田光代社長に噛みついて注目されている。この事務所には元大阪市長の橋下徹氏が属しているからだ。元々、上西小百合議員は橋本氏が率いる「大阪維新の会」から出てきた議員だ。言ってみれば、橋本氏は自分を“世の中に出してくれた恩人”なはずである。けれども、ふたりは上西議員が“お泊りスキャンダル”を週刊誌にすっぱ抜かれて以降、衝突する仲となり、今は二人とも「維新の会」から外れている。まあ、上西議員の場合は“周囲は皆敵”という感じで、最近はさまざまな人たちに“ケンカを吹っかけて”いる。どうも、この人は“ケンカ好き”らしい。一般論として言えば「生意気な女」であり「礼儀知らずの失礼な奴」なのだが、私はこの女性の持っている“若さ”を面白いと思う。というか、うらやましいとさえ思う。私も若い頃、よく暴走したものである。人間、多少“生意気”だったり“礼儀知らず”な部分を持っている奴の方が、“大きな才能や資質”を秘めていることがある。“若さ”には勢いがあり、情熱があり、行動力があるものだ。少し強引で無礼で破壊的ではあるが、男性優位の“政治世界”で名を成そうともくろむのであれば、これくらいの“暴走族”はいた方が良いのかもしれない。過日、三原じゅん子議員を「ばか」と公言した。いくらなんでも「ばか」はないが、せめて「おバカな部分もあるのでは…」程度にしておいたほうがよろしい。まあ、そういう風に、もう少し表現に気を付けた方が良いが、しかし“面白い人物”であることは間違いない。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.