今日の迷言・余言・禁言

“茶目っ気”と“本心”が交錯する会見

大女優・浅丘ルリ子が元夫・石坂浩二と共演、しかも彼の元恋人・加賀まりこまで出演するテレビドラマが4月からスタートする。テレビ朝日系「やすらぎの郷」がそれで記者会見があった。元々表現豊かな女優であるが、今回は特に“溌剌とした雰囲気”が感じられ、とても70代には思えない。石坂氏と浅丘さんの二人は、1971年に結婚、2000年に離婚し、石坂氏はすぐに再婚したが、浅丘さんの方は独身を貫いている。また同時出演している加賀まりこさんの方も独身を貫いている。石坂氏と加賀さんとの恋愛は、私がまだ子供の頃に週刊誌で大きく報じられていた。私の記憶が正しければ、その当時は加賀まりこさんの方が“大胆なヌードも披露する女優”として有名で、石坂氏の方は新人俳優だった。つまり、多くの人達は“加賀まりこの相手”という風な形で“石坂浩二”という俳優を知ったのだ。ところがその後しばらくして“石坂浩二と浅丘ルリ子が結婚”という大見出しが週刊誌に踊った。加賀まりこはどうなったの? というのが大方の反応であった。そういういきさつのある三人なのだが、浅丘さんは会見で「石坂さんと抱き合うシーンがございます」と楽しそう。実際には16年ぶりに逢ったというが、30年に及ぶ結婚生活は、別れていても、その空白を埋める。「そしたら、マヤがジロっと私たちの方を見ておりました」加賀まりこさんの役を意識して、そういう余裕。まさに「大女優」以外の何物でもない。浅丘ルリ子と言えば「男はつらいよ」で“寅さん”のマドンナ役として“売れない歌手・リリー”を演じ、監督に「寅さんとリリーを結婚させてやってください」と直談判したエピソードを本人が語っている。寅さんこと渥美清が余命いくばくもないことを感じ取っていたからだ。そのせいか、寅さんとリリーの掛け合いは絶妙で誰をも泣かせた。この「やすらぎの郷」では、あの名演技を再現できるのだろうか。


最近の記事はこちら

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

「母親」は「息子」を道ずれにした

親戚が集まった時、表立っては言えないけど、誰もが暗黙に頷き合うような“死”というのがある。この場合も、きっとそうだったに違いない。親戚たちは二度集まり、棺は二つ並べられていたからだ。そして誰もが神妙だ…続きを読む

札幌―東京間「新幹線」4時間半は魅力だが…

JRは「北海道新幹線」の一番のネックと言われていた“時間の短縮”を本気で考え始めたようだ。現在のままだと東京―札幌間は5時間半くらいかかると言われ、それなら飛行機が良いかなと、誰でも思ってしまう。特に…続きを読む

「正しい生き方」は“正しくない”のだ⁉

世の中には何でも“正しく”なければ気の済まない人達がいる。そういう人たちは「あれもダメ」「これもダメ」と言って、世の中に“規制”や“罰則”を増やしていく。そして、そういう人たちは「私たちは世の中を良く…続きを読む

「スクールバス」がハンマーで襲われる

“人種の違い”というものを感じさせられる時がある。昨日、アメリカから入ったニュース映像は正にそんな感じだった。何しろ、高校生たちを乗せた「スクールバス」の車内で女子高生同士のけんかが始まったのだ。スマ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.