今日の迷言・余言・禁言

落ち葉の情緒性

この季節になると、たくさんの落ち葉が路に彩りを与えます。それは“季節の変わり目”を無言のうちに教えるだけでなく、人と街並みとが“仲良く生きている”証のようにも思えます。私が少年時代を過ごした室蘭は風が強く、すぐ落ち葉を吹き飛ばしてしまうので「落ち葉の舗道」を見たことがありませんでした。札幌に来て、秋が深まったことを知らせる落ち葉の舗道を歩くたび、この彩ある路に流れているメロディが聴こえてくるようで、ちょっとだけ詩人になって襟を立てたりしてみるのです。


最近の記事はこちら

「ミステリーサークル」死なず

一時期「ミステリーサークル」は“われわれが作った”と名乗りを上げた人達がいた。またTVスタッフたちが“作って見せる”という番組を放映したこともある。けれども、それ以降も決して「ミステリーサークル」は無…続きを読む

露出して「炎」に立ち向かう消防士たち

同じような出来事が続くと、誰もが「もしかして」という気持ちになる。そして、それは「当たらずとも遠からず」という結果であったことに気付く。消防士と“露出”の関係がそうらしい。先月5月14日、大阪の23歳…続きを読む

玉木宏には「帰る家」があった⁉

私はあまりTVドラマを見る方ではない。けれども、たまに見て“引き摺り込まれる”ことがある。金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」がまさにそうだった。このドラマは要するに“W不倫”を扱った話だが、奇妙なほ…続きを読む

ピラミッドの頂上が崩れていく時

「AKB選抜総選挙」で1位を獲得した松井珠理奈氏が自らの“誕生祭”を体調不良ということで休止した。今、AKBグループ関連のメンバーが総勢何名になるのか知らないが、そのトップが“総選挙”による1位である…続きを読む

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.