今日の迷言・余言・禁言

街の“お店屋さん”が消えていく

まだ正式決定ではないが、ソフトバンク&ヤフー&イオンによる“新たなショッピングサイト”が誕生する。既にヤフーとイオンは別個に通販サイトを持っているが、より大規模な通販サイトを誕生させることで、急速にその勢力を拡大中のアマゾン通販に対抗しようとしている。アマゾンを警戒しているのはヤフーだけではない。ネット通販の老舗「楽天」も先頃、米流通大手ウォルマートと組んで新たなサイトを立ち上げることを表明した。さらに、セブン&アイ・ホールディングスも通販大手アスクルと提携、それぞれが共同戦略によって「アマゾン」と対抗していこうとしているのだ。こうして、いつの間にか“昔の商店街”というのは、どんどん隅へと追いやられていく。個人商店ではとても対抗できない時代に入りつつある。確かに“商品”は安く、早く、手に入るのかもしれないが、その代り身近な通りへと出掛けて、それぞれのお店を巡って、お隣さん的感覚で“お買い物をする”という時代は遠ざかりつつある。そのせいだろうか、一時期、衰退していたデパートが最近、息を吹き返しているような気がしてならない。デパートの方が、昔のように対話の中で人の眼を見ながら“お買い物”が出来る。もしかすると、われわれは、やっぱり街の中の“お店屋さん”の方が、何となく“欲しいものが買えた”という実感を得ることが出来るのかもしれない。確かに、アマゾンとか、楽天とか、ヤフーとか、便利だし、安いし、早い。ただ、時々何かが違うと思う時がある。例えば自分の欲しいものがあっても、画面上にそれがなかなか出て来ないのだ。特殊な商品とか、高額な商品とか、昔の製品とか、何らかの必要性があって、どうしても“それ”が欲しいという時がある。ところが画面上では、どう書き込めば、或いは、どこを探せば、それに辿り着くのかが中々解からない。そういう時、生き字引のような店主さんとかがいれば、すぐに教えてもらえるのに…と思ったりする。便利な世の中になって、安くモノが得られるのも良いのだが、街にそれぞれの“お店屋さん”が並んでいた時の方が、何となく浮き浮きして幸せだった幻想を持つのは、私だけなのであろうか。


最近の記事はこちら

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

自身を観る「眼」を信じろ!

近年、海外で活躍している日本人は多い。特に芸術やスポーツの分野でそれが著しい。たまたま海外からのニュースの中で二人の人物が登場した。その一人は永久メイさん。まだ18歳の少女だが、中学1年で親元を離れて…続きを読む

「雪が降る」という“名曲”のごとく

北国の「雪」には、どこか“もの悲しい雰囲気”が漂っている。だから“冬”など無くなってしまうのが本当は良い。完全になくなってしまうのも少し寂しい気がするので、2週間くらいだけ“冬”がやって来て、足早に去…続きを読む

「あじさいの花」の“理想”と“現実”

「あじさいの花」という名称はとても良い。いかにも障害者に優しそうな印象を与えるからだ。けれども、そういう“優しい名称”や“可愛らしい名称”の企業は大体が長続きしない。今「企業」と書いたが正確に言えば企…続きを読む

「議員秘書」と「強盗」は兼業できる⁉

「二之湯智」→「山東昭子」→「佐藤ゆかり」それぞれの国会議員秘書を十年以上にわたって務めていた。それなりの能力が無ければ務まらない職務である。その一方で、密かに“強盗致傷”を繰り返していた。それが昨日…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.