今日の迷言・余言・禁言

“表現の自由”を奪う「セクハラ」「差別」の批判

化粧品メーカー資生堂が9月21日の発売の新商品に合わせて流した“ストーリー仕立ての動画CM”が、一部女性たちからの批判を受けて急きょ撤回された。「女性差別」「セクハラ」「昭和の価値観」といった女性ユーザーからの猛抗議である。どういう部分が問題視されたのかというと、25歳の誕生日を迎えた女性に対して「今日からあんたは女の子じゃない」「もうチヤホヤされないし、ほめてもくれない」「カワイイという武器は、もはやこの手にはない」といった言葉が浴びせられる場面である。CMストーリーとしては、これらの言葉に刺激され新商品に興味を抱く…というような内容である。このCMが10月7日に急きょ放映を終了した。化粧品メーカーとしては、ユーザーからの批判は“新商品の命取り”になりかねないので早々に幕引を計った、というのが本音であろう。近年、この手の「批判」→「撤回」が多い。あらゆる分野の“芸術作品”において「セクハラ」「パワハラ」「差別」の指摘を受けそうな表現は徹底的に排除される。25歳の女性は「女の子」じゃないのは当然で、チヤホヤされなくなるのも事実であり、武器としての「カワイイ」が通じなくなるのも本当である。本来なら批判を受けるような発言は一つもない。これらを「セクハラ」などと捉えるのは“自意識過剰”以外の何物でもない。「女性差別」というのもおかしなことで、意識するとしないとを問わず男性と女性とでは“見た目”が違っている。これはどうしようもない事実だ。したがって、そこに“女の子らしさ”を感じるとか、“可愛らしさ”を感じるのは自然なことで、それが年齢とともに徐々に乏しくなっていくのは自然なことである。その“自然な印象”や“自然な対応”を「差別」として受け止める方が、感受性として“歪んでいる”。明らかに不自然な感受性の元に暮らしているのだ。だから、批判されなければならないのは、むしろそういう“歪んだ感性”の女性たちであって、そういう人たちの楽園は“中性人”ばかりが生きている世界、ということになる。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.