今日の迷言・余言・禁言

“表現の自由”を奪う「セクハラ」「差別」の批判

化粧品メーカー資生堂が9月21日の発売の新商品に合わせて流した“ストーリー仕立ての動画CM”が、一部女性たちからの批判を受けて急きょ撤回された。「女性差別」「セクハラ」「昭和の価値観」といった女性ユーザーからの猛抗議である。どういう部分が問題視されたのかというと、25歳の誕生日を迎えた女性に対して「今日からあんたは女の子じゃない」「もうチヤホヤされないし、ほめてもくれない」「カワイイという武器は、もはやこの手にはない」といった言葉が浴びせられる場面である。CMストーリーとしては、これらの言葉に刺激され新商品に興味を抱く…というような内容である。このCMが10月7日に急きょ放映を終了した。化粧品メーカーとしては、ユーザーからの批判は“新商品の命取り”になりかねないので早々に幕引を計った、というのが本音であろう。近年、この手の「批判」→「撤回」が多い。あらゆる分野の“芸術作品”において「セクハラ」「パワハラ」「差別」の指摘を受けそうな表現は徹底的に排除される。25歳の女性は「女の子」じゃないのは当然で、チヤホヤされなくなるのも事実であり、武器としての「カワイイ」が通じなくなるのも本当である。本来なら批判を受けるような発言は一つもない。これらを「セクハラ」などと捉えるのは“自意識過剰”以外の何物でもない。「女性差別」というのもおかしなことで、意識するとしないとを問わず男性と女性とでは“見た目”が違っている。これはどうしようもない事実だ。したがって、そこに“女の子らしさ”を感じるとか、“可愛らしさ”を感じるのは自然なことで、それが年齢とともに徐々に乏しくなっていくのは自然なことである。その“自然な印象”や“自然な対応”を「差別」として受け止める方が、感受性として“歪んでいる”。明らかに不自然な感受性の元に暮らしているのだ。だから、批判されなければならないのは、むしろそういう“歪んだ感性”の女性たちであって、そういう人たちの楽園は“中性人”ばかりが生きている世界、ということになる。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.