今日の迷言・余言・禁言

見えない「約束」

私たちは誰でも何かに入会するときとか、大きなローンを組む時とか、仕事上の取引を行う時とかに「規約書」や「誓約書」にサインをさせられます。そこには万一アクシデントが生じたときなどの注意事項が記されているのが普通です。つまりはサインによって双方の「約束事」が成立しているのです。もっとも「規約書」や「誓約書」というのは一応の決まり事なので、それをいちいちチェックすることはめったにありません。九割方は“不必要な約束”に署名していることになります。けれども署名しているので「公的な約束」として“法的な拘束力”を持っています。ところが家族とか親友とは何の「約束事」も取り交わしていません。つまり公的には、仮にアクシデントが生じたとしても、何らの責任も負担も生じることはありません。そうはいっても実際には双方に「見えない約束」があって、それは“署名した約束事”よりもはるかに強くて、ただの一度も「指切り」など交わしていないのに、絶対に「破られることのない約束」が双方を結び付けているものです。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.