今日の迷言・余言・禁言

見えない「約束」

私たちは誰でも何かに入会するときとか、大きなローンを組む時とか、仕事上の取引を行う時とかに「規約書」や「誓約書」にサインをさせられます。そこには万一アクシデントが生じたときなどの注意事項が記されているのが普通です。つまりはサインによって双方の「約束事」が成立しているのです。もっとも「規約書」や「誓約書」というのは一応の決まり事なので、それをいちいちチェックすることはめったにありません。九割方は“不必要な約束”に署名していることになります。けれども署名しているので「公的な約束」として“法的な拘束力”を持っています。ところが家族とか親友とは何の「約束事」も取り交わしていません。つまり公的には、仮にアクシデントが生じたとしても、何らの責任も負担も生じることはありません。そうはいっても実際には双方に「見えない約束」があって、それは“署名した約束事”よりもはるかに強くて、ただの一度も「指切り」など交わしていないのに、絶対に「破られることのない約束」が双方を結び付けているものです。


最近の記事はこちら

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.