今日の迷言・余言・禁言

見た目が異なる「日本人」が増えていく

「ミス・ワールド」の日本代表に“ハーフ女性”が選ばれた。父親がインド人、母親が日本人で“日本国籍”を持っている「吉川プリアンカ」という女性だ。確かに国際派の美人だが、正直“外貌はインド人”っぽい。通訳でモデルもしているらしいが、象に乗ることができる「象使い」の免許を持っているらしい。それにしても、これはオリンピックを見ていても感じたのだが、近年は“ハーフで日本国籍”の日本人が多くなった。このような現状は日本国だけでなく、さまざまな国で出現し始めている。“中華系アメリカ人”も多くなったし、逆に“欧米系中国人”も多くなった。韓国などは意図的に国家戦略として、“優秀なハーフの遺伝子”を得ようと努力している印象さえうかがわれる。世界的に「国際結婚」が広がることで、あらゆる人種や民族の“垣根”が取り払われ「世界平和」が実現するのであれば、この“奇妙なブーム”は大いに寄与することになるに違いない。但し、国際結婚には“宗教の壁”が立ちはだかっていて、これをクリアできないと本当の意味での“垣根”はなくならない。歴史的にも宗教が“戦争の火種”となってきたケースは多い。そして、いったん戦争に巻き込まれてしまえば、この“ハーフの人達”こそ両国の間で“煩悶”し、時として“敵視される場合”さえ出てきてしまう。最近、京都は“世界の京都”になったが、あまりにも外人観光客が多すぎて、どこへ行っても外人だらけで、本来の“日本的な情緒”や“わびさびの美しさ”が失われつつあるような気がする。つまり、京都が京都でなくなりつつあるのだ。同じように、やがて日本なのに一見すると“日本人がいない”町や村が数十年後に誕生しだすに違いない。


最近の記事はこちら

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者に…続きを読む

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.