今日の迷言・余言・禁言

親の心―岡田朋峰&坂口杏里―子知らず

2006年に亡くなった俳優・岡田眞澄氏の娘が「2019ミス・インターナショナル日本代表」に選ばれた。故・岡田氏は2005年まで毎年「ミス・インターナショナル」のMCを務めていた。その娘である岡田朋峰さん(20歳)は、抜きん出た美貌で今回グランプリを射止めた。その後のインタビューで彼女は「父は気品がありエレガント」であったと述べた。ミス・インターナショナルの舞台上で、自分の父親に対し「気品がありエレガント」と言える娘がいた。つまり日頃から、家庭の中でも“気品ある振る舞い”をしていた父親がいたということだ。そういう風に振舞い続けていたことはすごい。けれども、この“同じ父親”に対して、二度目の結婚で産れている長男・岡田眞善氏はまったく異なった評価を下す。人前では見栄を張る父親を「人として軽蔑すらしていた」とTV番組のインタビューで語っている。二度目の結婚生活と、三度目の結婚生活とでは、明らかに見えていた“父親像”が違っている。確かに、人知れず努力をして、人前では“優雅にほほ笑む”のがミス・インターナショナルだ。娘にとって、父親は手本となった。その点、俳優となった長男には「岡田眞澄の息子」として周りから見られるのが嫌だったかもしれない。極貧でも“虚栄を張る”父親が許せなかったかもしれない。ところで、岡田氏以外でも、俗にいう“二世タレント”は続々と誕生している。あっという間に成功する者もいれば、親の名だけが“ついてまわる”者もいる。坂口杏里氏は、その代表格だ。生前、母親の坂口良子氏は娘を芸能界デビューさせ、一人前にしようと躍起になっていた。その甲斐もあって「坂口杏里」の名は“バライティ番組”で知名度をアップさせた。ところが、わがままな部分が随所で飛び出し、やがて芸能界から追放されてしまった。その後、風俗や水商売で話題となった時期もあるが、また芸能界に戻りたいと騒ぎ出している。「血は水よりも濃い」で女優としての素質は、それなりにあるとは思うが、社会人としてのマナーや規律は守らなければならない。墓場の母親を安心させるためにも、許されるなら“芝居に情熱を注ぐ”のが、本人に一番向いた生き方のような気がするのだが…。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.