今日の迷言・余言・禁言

“親の無い子”&“子の無いカップル”の向こう

現在、日本では約45000人もの“社会的養護”の元で暮らす子供たちがいる。大半は“親の無い子供達”である。或いは親がいても、育てられず“施設に預けられた子供達”である。そのうち約5000人が“里親”、或いは“養子縁組”により“養親”という形で育てられている。この“養親”の場合だけは、法律的にも“実質上の親子関係”となる。“里親”の場合は、法律的な権利はなく、もし、本人が“生みの親元”に戻りたいとか、“養護施設”に戻りたいと希望した場合、それを強制的に引き戻すことは出来ない。つまり、育ててはあげるけど、もし就職して出て行って連絡が無くなったとしても、それを咎めることも引き戻すこともできない。何となく“もどかしい役割”なのだ。その“里親認定”に大阪市が全国で初めて“同性カップル”を認めた。画期的なことらしい。このカップルは30代と40代の男性カップルだという。確かに男性同士では子供を産みようがない。女性同士の場合は、もしかしたら子宮に精子提供を受ければ、母体として出産することは出来る。但し、日本では男女間の結婚でなければ、出生届を認めないはずだ。したがって、事実上、女性同士のカップルも“里親”になるしかない。今後、同性愛カップルが増えていくことによって、こういう“ややこしい親子関係”が増えていくかもしれない。戦争が終わって、もう“親の無い子”はいなくなるのではないか、という楽観論があった。けれども、実際には無くならなかった。むしろ、近年はシングルマザーが増えたことで、働くため養護施設を利用し、そのうち引き戻せなくなってしまうケースが増えている気がする。親子の関係は微妙で、どんな親でも“血は水よりも濃い”で、離れて何十年たっても本能的に“産みの親”を探し求めようとする子供がいる。ただ運命学的には「生みの親より育ての親」という格言が、そのままアドバイスとして当てはまるケースが多い。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.