今日の迷言・余言・禁言

親は「一番の理解者」となれるか

自分の子供が途中から“思いがけない方向”に向かい出してしまうことがある。そんな時、親は、どう捉え、どう受け止め、どう見守ることが正しいのか。その一つの回答を二人の“親”が証明している。その一人は片岡鶴太郎氏だ。彼自身、いろいろと職業を変遷してきた人物だが、その彼の息子(次男)で洋画家である荻野綱久氏の個展が11月17日~30日まで六本木のモンテカルロギャラリーで行われる。綱久氏は元々ミュージシャンとして活躍していたが、5年前に“予知夢”のような夢を見る。自分が画家になった夢だった。そうして気付いてみれば父親と同じ“絵を描く”道を選んでいたが、まったく父を意識したことはないと言い切る。その息子の個展ギャラリーの開催前日に駆け付けた父親は「一生をかけて追及できる仕事を見つけたんだな」と一人前となった洋画家を眩しそうに見つめる。もう一人は昨年タイで“性別適合手術”を受けて話題となったGENKING「元輝」→「沙奈」の“母親”である。16日、息子だった「元輝」が「沙奈」として里帰り報告する密着番組が放映された。母親は息子から娘に変わった子供に対し「私自身は双子を産んだと思っています。元輝と沙奈を私が産んで、運悪く元輝の方は亡くなってしまった。そう考えた時、スーッと自分自身が納得できるようになった」と語っている。そして、現在の「沙奈」に対しては「女らしく生きることを勉強しなさい」と母親らしい言葉を贈った。どう変わろうと、自分の子供であることに変わりはない。そして、その子供の幸せを願わない親はいない。親にとって、子供はいつから“別人格”になるのだろう。親の手を離れた子供は“生まれ変わって”帰って来る。さまざまな“生まれ変わり方”があり、親の手が届く場合もあれば、届かない場合もある。届かない場合には「双子だったのか」と自分を納得させる方法がある。幼い頃の“幻影”にしがみつくのは、親子双方のために良くないのだ。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.