今日の迷言・余言・禁言

観光業の「傷が深い」周辺国の変化

「札幌雪まつり」が閉幕したが、今年の観光客が昨年より70万人も減少したことが報告された。私もちょっとだけ“雪まつり”を見たが、確かに今年は歩きやすかった。いつもは逆方向に動くのは難しいのだが、今回は容易だったからだ。今年の“雪まつり”の場合、あまりにもタイミング悪く“コロナウイルス問題”が拡散して旅行そのものに規制が掛かった。中国をはじめとする海外からの観光客が一挙に減ったのは致し方がない。実は、観光業にとって問題なのは、中国からの観光客だけではない。昨年から韓国からの観光客も急速に減少している。加えて最近は、香港からの観光客も急速に減少している。それは香港自体の問題からで、政治情勢が不安定で海外旅行に出ていられる状況ではないからだ。したがって、今年の場合、中国本土、韓国、香港の“三つ(?)の国”からの観光客が急減しているのだ。特に北海道を好む周辺国の人々には何故か“お金持ち”が多い。お小遣いもたくさん使ってくれるのだが、その人たちが来ない。これは何も札幌だけの問題ではない。同じように春節客を当て込んでいた京都や浅草でも同様の“嘆き”が広がっている。つまり観光地にとっては、これら周辺国からの訪日客にはリピーターも多いので、他の観光客よりも痛手が大きいのだ。しかも、どの地域の問題も“短期間で終結する”気配が見えない。「日本」という国はヨーロッパなどと違って島国で、文字通り「外国」=「海外」なので、ついでに立ち寄る地域ではない。今年の場合は、クルーズ船の立ち寄りにも規制が掛かりそうで、オリンピックまでには何とか元に戻らせないと、せっかく開催したのに海外からのお客さんがいなかった…などという悲劇が起こらないとも限らない。本来であれば、海外からの観光客を呼ぶのに持って来いの“IR事業”が妙な下心を起こす政治家がいたことで“金まみれの事業”のようなイメージがついてしまった。せっかく好調に変わりつつあった“日本の観光業”の未来に「黄色信号」が点滅し始めている。


最近の記事はこちら

10年後、20年後が教える「才能の正体」

「売れない漫画家」から「警察官」へと転身した人物の話が掲載されていた。現在、千葉県警成田署に勤務する山崎直樹氏(38歳)を扱った記事だ。彼は、幼い頃から漫画を描くのが好きで、とりあえず入った専門学校卒…続きを読む

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.