素顔のひとり言

記憶がよみがえる声と文字

職業上でも、私生活でも、懐かしい声と云うのがある。忘れられない文字と云うのがある。

世の中にこんなにも多くの人たちがいて、次々と新たな人たちと知り合っても、決して記憶から去らない声がある。見た瞬間に懐かしさを感じる文字がある。しかも、名前など名乗らなくても、一瞬で分かる。文面を見ただけで、瞬間的に名が浮かぶ。

決して超能力者でも、記憶力の良い方でもないのに、なぜ、懐かしい声や文字だけは、すぐ判るのだろう。しかも、何年も、時として何十年も経っているのに、元気なのか、幸せなのか、困っているのか、悩んでいるのか、一瞬で解かってしまうのだろう。特に、声と云うのは、たとえ隠していても、相手の今現在の状況が、まるでビックリ箱から飛び出てくるように、話す前から解かってしまう。

もしかしたら、私は占い師なんじゃないか。と思うほど(まあ、実際占い師と云う職業だけど…)手に取るように解かるのだ。

もちろん、それは私が占い師だからなどではけっしてない。誰もが、不思議に解かること、感じること、よほど鈍感な人でなければ、解かって当然なことのように思う。しかも、多くの場合、その電話、ハガキ・封筒が来る前に、何んとなくその人のことを思ったりする。なぜだか解からないが、その人を思い出したり、ふと気になったりする。

懐かしい電話は、一瞬で空白だった何ヶ月とか、何年とか、何十年とかを縮めてくれる。占いのお客さんの場合は、とりあえずホッとするものを感じるケースが多い。悩んで電話してくることも多いが、それでも大丈夫だよと云って、迎え入れたい仲間感覚があふれてくる。人相上では眉毛の毛が長いのは、人情家の相とされているが、このところ年のせいもあるのだろうが、ますます眉毛が長くなってきて、そのうち元首相の村山さんのようにならないか心配である。そう云えば私の父親も眉毛は長かった。特に異様なほど長い毛が2、3本生えていて長寿の相でもあったのだが、おせっかいな床屋が短く整え出して、偶然かもしれないがそれから間もなく、親父は死んだ。

とにかく、懐かしい声は良い。懐かしい文字も良い。懐かしい文字は、最近メールが流行ったせいでだんだんお目に掛かれなくなっている。それに、個性のある文字を書ける人が少なくなった。文章も含めて、その人を一瞬で蘇らせてくれるのは、手指で書かれた文字なのだ。最近、作詞家の阿久悠さんが亡くなり、作家の小田実さんが亡くなった。二人とも、その文字も文章も個性に満ちていた。社会や時代と真正面から向かい合っている息遣いが感じられた。一目見てわかる文字の時代は、もう来ない。


最近の記事はこちら

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

「パスワード」という魔物

私は元々が“IT型の人間”ではないので、日頃から“IT関連のもの”は苦手である。その中でも一番厄介なのが「パスワード」で、あらゆる場合にこの部分で躓いてしまう。何故、もう少し簡単に設定できないのか。憶…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.