今日の迷言・余言・禁言

読まずに「告発」するという大罪

「産経新聞」のソウル支局長が“大統領の名誉棄損”で拘束されていた事件で「無罪」の判決が下った。当然すぎる判決だが、私を何より驚かせたのは、その告発者が日本語の新聞を“読まず”に、というより“読めず”に、何が書いてあるか解らず告発した、と証言したという点だ。しかも、それを警察は待っていたかのように“受理”して捜査に踏み切った。こんな滅茶苦茶な話はない。韓国は「世界のサムソン」を生み出し、今やIT先進国のような振る舞いをしているが、こういう基礎的な倫理観に欠けている以上、まともな“話し合い”などできない国だということになる。時折、私の著書も、明らかに“読まずに批判する”倫理観に欠けている人物がいる。批判するのは構わないが、きちんと最初から最後まで読んで批評するのが最低限のルールだ。


最近の記事はこちら

「ビットコイン」大暴落の予感!

一部で「未来の通貨」としてもてはやされているのが「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨だ。つまり、実際には手にすることの出来ない“お金”。う~ん、解かったような解らないような…。まあ“あやしいモノ”と…続きを読む

永遠の“聖地”&“戦地”であるエルサレム

アメリカのトランプ大統領は7日、エルサレムをイスラエルの首都であると認定した。日本人にとっては、別にどうでも良い話なのだが、世界はこれに著しく反応した。大昔から“イスラエル・パレスチナ問題”というのは…続きを読む

神社殺人事件の真相

これは事件を推理小説化したものである。宮司の弟である富岡茂永容疑者は、神社本庁からの電話を“そそのかし”だとは気付いていなかった。生来、生真面目である茂永は、内縁の妻から「あなたのせいなんだから…」と…続きを読む

易占では、大谷は「カブス」に決定⁉

アメリカ大リーグに移籍する大谷翔平選手の移籍先が7球団に絞られた。ここまでは誰もが知っている。では、この先を教えよう。もっとも、この先を教えてくれるのは私ではない。「易占」の神様だ。7球団まで絞られて…続きを読む

“謎”の競演―宮沢りえ&貴乃花

人は時々「おやっ?」というニュースに目が止める。その二人、何かが共通しているような…そう25年前、宮沢りえ&貴乃花と言えば「婚約会見」を開いた二人ではないか。その二人が、今や別々の形で注目されている。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.