今日の迷言・余言・禁言

誰が「33年間の冤罪」を償うのか

アメリカで33年間服役していたキース・ハワード氏が「DNA鑑定」によって“無実だった”ことが判明し「有罪」取り消しとなって刑務所から解放された。59歳になっていた。つまり二十代半ばからの三十年以上を「見知らぬ住宅に侵入して男性をバールで殺害、その妻までレイプしたとする殺人犯」として獄中で過ごしたことになる。一番の決め手は、レイプされた妻に残された“噛み疵”とハワード氏の“歯型”が一致と専門家に指摘されたことだった。近年「DNA鑑定」の普及によって「冤罪」の“汚名”が覆されるケースが多くなっている。昔なら、そのまま「犯罪者」として獄中で過ごすとか、処刑になるとかした人が「無実」を晴らすことが出来るようになったのだ。それ自体は喜ぶべきことだが、ハワード氏のように獄中に繋がれていた「殺人者」としての期間は、決して戻らない。戻しようがない。この「過ち」は一体だれが荷うのか。だれが償ってあげられるのか。日本では「痴漢」の冤罪が時々問題になる。いったん、疑われたなら“無実を証明する”のは大変に難しい。本人だけでなく「家族」までもが窮地に立たされる。大昔の人気ドラマ「逃亡者」であれば、それを見る者は誰もが「彼は無実である」ことを知っている。だから“救いたい”と思う。けれども、もし目の前に「殺人者」が「本当はそうじゃないんだ」と助けを求めた時、あなたならどうする?


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.