今日の迷言・余言・禁言

誰が「33年間の冤罪」を償うのか

アメリカで33年間服役していたキース・ハワード氏が「DNA鑑定」によって“無実だった”ことが判明し「有罪」取り消しとなって刑務所から解放された。59歳になっていた。つまり二十代半ばからの三十年以上を「見知らぬ住宅に侵入して男性をバールで殺害、その妻までレイプしたとする殺人犯」として獄中で過ごしたことになる。一番の決め手は、レイプされた妻に残された“噛み疵”とハワード氏の“歯型”が一致と専門家に指摘されたことだった。近年「DNA鑑定」の普及によって「冤罪」の“汚名”が覆されるケースが多くなっている。昔なら、そのまま「犯罪者」として獄中で過ごすとか、処刑になるとかした人が「無実」を晴らすことが出来るようになったのだ。それ自体は喜ぶべきことだが、ハワード氏のように獄中に繋がれていた「殺人者」としての期間は、決して戻らない。戻しようがない。この「過ち」は一体だれが荷うのか。だれが償ってあげられるのか。日本では「痴漢」の冤罪が時々問題になる。いったん、疑われたなら“無実を証明する”のは大変に難しい。本人だけでなく「家族」までもが窮地に立たされる。大昔の人気ドラマ「逃亡者」であれば、それを見る者は誰もが「彼は無実である」ことを知っている。だから“救いたい”と思う。けれども、もし目の前に「殺人者」が「本当はそうじゃないんだ」と助けを求めた時、あなたならどうする?


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.