今日の迷言・余言・禁言

誰でも「スーパーマン」になれる⁉

時々思うのだ。確かに“未来社会”は便利だ。そして先進技術や医療は素晴らしい。確かにそうなのだが、何かが引っ掛かる。例えば8月31日からロンドンの高級デパートで売り出した「ジェットスーツ」だ。これを着ることで、人は自由に空を飛ぶことが出来る。決して未来の話ではない。実際に、今年から“売り出されている”のだ。既に購入者もいる。いくらなのかと言えば一着5000万円だ。えっ5000円じゃないの。そりゃそうだよ。空のあちこちにジェットスーツを着た地球人が右往左往しているなんて、なぜかいただけない。空飛ぶ「スーパーマン」は一人だから良かったんだよ。エンジンを着けて飛ぶんじゃない。背中にマントを翻して飛ぶからスゴイのさ。そう言えば無人型移動販売車が出来るのって知ってるかい。これはワンボックスカーに似てるけど完全自動運転で新鮮な野菜や果物、それにお菓子など届けてくれるんだ。この秋からカリフォルニア州でテスト販売に踏み切るらしいよ。確かに大雨や大雪の日に、玄関先までやって来てくれる無人の移動販売車は魅力かな。何をどう買おうと変な眼で見られることもないしね。店員さんでいるんだよ。無意識なんだろうけど「そんなもの買うんですか」って眼で見ながらレジを打つ人がさ。あれは嫌だよね。何を買おうが、こっちの勝手じゃないかって、思うんだ。そういう時には、やっぱり無人移動販売が最高だよ。ただね、何も話すことなく食べたいものが配達されるのも、それはそれでちょっと味気ないよね。結局、人は勝手なんだよ。便利にはなってほしいけど、でも、やっぱり何でも“自動”とか“無人”とかが続くと、それはそれで“つまらない”ものなのさ。めんどうだとか、やっかいだとか、しょうがないなあとか…そういう悪態をつきながら、それでも相手の顔を見て、話して、笑って、泣いて、怒って…結局、そういうの嫌いじゃないんだよ。確かにロボットは“癒しの言葉”を毎日かけてくれるよ。でも、しょせんはロボットだからね。時々、殴りつけてやりたくなるんだ。どうしていつも“優しい言葉”ばかりなんだって、哀しくなるのさ。時には“しっかりしろ”とか、“バカ野郎”とか、“お前が悪いんだろう”とか、𠮟りつけてくれるロボットじゃなく、やっぱり人間が良いんだ。


最近の記事はこちら

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.