今日の迷言・余言・禁言

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いたという風な綴り方で、何となく微笑ましい。そういえばこの人も“いろいろな過去”を経験して今日を迎えている。今の結婚が二度目なのか、三度目なのか知らないが、ごく普通のサラリーマンと結婚されたようだ。その方は彼女に対して「芸能人なのにこんな狭い普通のマンションでごめんね」といってくれているらしい。素晴らしい旦那さまではないか。確かに、結婚後は数度しか外食もしていないらしい。けれども、それで良いのだ。大場久美子氏も、それを承知で“妻”になったのだ。誰もがIT社長と結婚できるわけではない。それに社長や著名人と結婚したから“幸せ”とも限らない。誰もがうらやむような男性と結婚し、そして離婚した芸能人女性が何人もいる。人が自らの“幸せ”を一番強く感じるのは「自分らしい生活」が出来ている時なのだ。その基準として覚えておくべきは、子供時代の“楽しい状態”である。子供時代に“楽しく”“幸せ”に感じられた生活というのは、虚飾を剥ぎ取った自分の“もっとも自然な幸福状態”なのである。だから、子供時代にどういう時に“幸せ”を感じられたのかはとても重要で、少しでも“それに近い生活”が出来れば、その人にとってそれは“幸せ”を得ている生活となる。したがって、例えば子供時代に“欲しかったおもちゃ”を購入してもらった時に“幸せ”を強く感じた人なら、経済的に恵まれた生活が“幸せ”と同義語になるに違いない。けれども、そういうことではなくて“友達と一緒”に遊んだ時に幸せを一番感じていたなら、それは“愛する人と出掛ける生活”が幸せにつながるに違いない。“母親の膝”で甘えていた時に幸せを感じていたなら、それは自分も子供を持って“子供を抱きしめられる”生活が一番なのに違いない。“一人で漫画を描いていた”時に幸せを感じていたなら、一人で“趣味に打ち込める時間”を得られる生活が必要なのに違いない。人それぞれ“幸せ”を感じる感覚は異なる。そこに他人が入って来る余地はない。だから、どうであれば「幸せなのだ」と決めつけることなど出来ない。ほとんどの人達にとって、大人になったからといって子供時代に感じたのと、そう大きな違いは出て来ないものなのだ。人は誰でも“身の丈に合った生活”が心地好いよう出来ている。


最近の記事はこちら

「まっとう」ではあるが「正しく」はない

TBS系のTV情報番組が元で、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏と実業家の堀江貴文氏との間で“奇妙なバトル”が勃発している。簡単にいうと、薬物などの使用者に対して杉村氏が「逮捕される前に自首すべき」と…続きを読む

「24節気」の持っている“予言力”

よくニュースなどで「暦の上では…」という表現を使う。その場合の「暦」とは“24節気”に基づく「節気暦」を指している場合が多い。その節気暦からすると昨日が「大雪」に当たる。東北や北海道の一部では、まるで…続きを読む

「我が生き方」貫く耳の「くの字型」内郭

「人は見掛けによらぬもの」という教えがあるが、実際、そう思うこともあれば、思わないこともある。合成麻薬所持で逮捕となった沢尻エリカ容疑者の場合はどうだろう。「見掛けどおり」と思う人もいるだろうし「見掛…続きを読む

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.