今日の迷言・余言・禁言

誰も報じない「アコンカグア登頂」の成功⁉

そういうことだったのか……と、後から気付く出来事がある。例えば「失敗した」かのように報道されながら、実は「成功している」出来事もある。昨日、冒険家・三浦雄一郎氏の“挑戦動画”が帰国後、初めて公開された。そこには、奇妙な事実の映像があった。三浦氏が南米最高峰アコンカグアの登頂に成功し、その頂上からスキーで見事滑降する姿が映し出されていたのだ。ん? 違うって、ではちゃんと見て確かめていただきたい。もちろん、登頂に成功したのは三浦雄一郎氏ではない。その次男の三浦豪太氏である。けれども彼だって冒険家なのだ。そして彼は見事に登頂に成功した。さらに見事にスキーで頂上から滑降した。その姿が映像では公開されているのだ。三浦雄一郎氏本人は、途中でドクターストップが掛かり、登頂を断念している。けれども彼が日本に戻った時、決して「敗残者」の姿ではなく、意気軒高と「次の目標は90歳でエベレストだ」と吠えていた。だから誰も“今回の失敗”を追及できなかった。そうなのだ。彼の一番のすばらしさは、失敗しても全然めげないことだ。すぐに“次の目標”を掲げる。だから誰も、今回の失敗を咎められない。むしろ、そこに“恐れを知らない若者の姿”を感じてしまうのだ。そう、若者だって大抵は失敗すると、少しビビる。ところがこの人は全然めげない。これこそが“本当の若さ”なのだ。二十代や三十代の人達が、一度や二度の失敗で立ち直れなくなるのとは大違いである。“若さ”というのは“失敗”が許されることなのだ。そして再び“挑戦できる”ことなのだ。何度も失敗し、大恥をかいても、すぐ未来に向かって立ち上がる人は“若い”のだ。失敗しても、誰からも非難を受けない。非難されても聞き流していれば良い。多くの人は、失敗してしょぼくれてしまうから、世間は“無謀な挑戦”と非難するのだ。若者には“未来がある”。死ぬまで“未来”だけを向いて歩んでいく人は、死ぬまで“若いまま”で居られる。偉大なる冒険家・三浦雄一郎氏は、成功する姿を見せたいのではなく、失敗してもめげずに“次の目標”に向かう姿を見せたいのだ。


最近の記事はこちら

10年後、20年後が教える「才能の正体」

「売れない漫画家」から「警察官」へと転身した人物の話が掲載されていた。現在、千葉県警成田署に勤務する山崎直樹氏(38歳)を扱った記事だ。彼は、幼い頃から漫画を描くのが好きで、とりあえず入った専門学校卒…続きを読む

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.