今日の迷言・余言・禁言

誰も報じない「アコンカグア登頂」の成功⁉

そういうことだったのか……と、後から気付く出来事がある。例えば「失敗した」かのように報道されながら、実は「成功している」出来事もある。昨日、冒険家・三浦雄一郎氏の“挑戦動画”が帰国後、初めて公開された。そこには、奇妙な事実の映像があった。三浦氏が南米最高峰アコンカグアの登頂に成功し、その頂上からスキーで見事滑降する姿が映し出されていたのだ。ん? 違うって、ではちゃんと見て確かめていただきたい。もちろん、登頂に成功したのは三浦雄一郎氏ではない。その次男の三浦豪太氏である。けれども彼だって冒険家なのだ。そして彼は見事に登頂に成功した。さらに見事にスキーで頂上から滑降した。その姿が映像では公開されているのだ。三浦雄一郎氏本人は、途中でドクターストップが掛かり、登頂を断念している。けれども彼が日本に戻った時、決して「敗残者」の姿ではなく、意気軒高と「次の目標は90歳でエベレストだ」と吠えていた。だから誰も“今回の失敗”を追及できなかった。そうなのだ。彼の一番のすばらしさは、失敗しても全然めげないことだ。すぐに“次の目標”を掲げる。だから誰も、今回の失敗を咎められない。むしろ、そこに“恐れを知らない若者の姿”を感じてしまうのだ。そう、若者だって大抵は失敗すると、少しビビる。ところがこの人は全然めげない。これこそが“本当の若さ”なのだ。二十代や三十代の人達が、一度や二度の失敗で立ち直れなくなるのとは大違いである。“若さ”というのは“失敗”が許されることなのだ。そして再び“挑戦できる”ことなのだ。何度も失敗し、大恥をかいても、すぐ未来に向かって立ち上がる人は“若い”のだ。失敗しても、誰からも非難を受けない。非難されても聞き流していれば良い。多くの人は、失敗してしょぼくれてしまうから、世間は“無謀な挑戦”と非難するのだ。若者には“未来がある”。死ぬまで“未来”だけを向いて歩んでいく人は、死ぬまで“若いまま”で居られる。偉大なる冒険家・三浦雄一郎氏は、成功する姿を見せたいのではなく、失敗してもめげずに“次の目標”に向かう姿を見せたいのだ。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.