今日の迷言・余言・禁言

誰も悪くないのに…

世の中には、誰も悪くないのに“不幸”が忍び寄って来ることがある。女優の藤真利子さんは、10年間の自宅介護生活を経て2016年11月に母親・藤原静枝さんを亡くした。4歳の時に人気作家だった父親・藤原審爾氏の元を母親と二人で飛び出し、私がママを守る、と幼心に誓って以降の二人暮らしだったようだ。その後、彼女は大学生の時に女優デビューし、数々の賞を受賞、独身のまま仕事を続けていたが、母親の脳梗塞と共に“介護生活”主体に切り替え、約十年の介護生活ののちに見送る形となった。母一人、子一人の家庭の場合にありがちな情景である。彼女には、自分が仕事に行っていなければ…自分が仕事からすぐ戻っていれば…という“後悔の念”がずっとついてまわったようである。そのため、介護の経緯などを詳細に記した『ママを殺した』(藤真利子著・幻冬舎刊)は、憑かれたように一気に書き上げ、昨年11月に出版された。けれども、その後も「死なせてしまった」という自責の念は無くならないらしい。その執念のような思いは、未だに親の介護をしている人たちに対して「うらやましい」と涙を流す態度からも読み取れる。だが、これは彼女一人の想いではないのかもしれない。全国には、無数の“介護する側”と“介護される側”の人達がいる。もちろん、誰も悪くはない。けれども、こと“介護”に関しては、さまざまな“感情”や“思惑”が行き交う。何が正しくて、何が間違っているか、誰にも本当は言えない。特に“自宅介護”は大変である。そのこと自体は立派でも、果たして本当にその方が良いのかは疑問が多い。経済的な負担も大きい。誰も悪くない問題で、無数の人達が泣いている。


最近の記事はこちら

「ミステリーサークル」死なず

一時期「ミステリーサークル」は“われわれが作った”と名乗りを上げた人達がいた。またTVスタッフたちが“作って見せる”という番組を放映したこともある。けれども、それ以降も決して「ミステリーサークル」は無…続きを読む

露出して「炎」に立ち向かう消防士たち

同じような出来事が続くと、誰もが「もしかして」という気持ちになる。そして、それは「当たらずとも遠からず」という結果であったことに気付く。消防士と“露出”の関係がそうらしい。先月5月14日、大阪の23歳…続きを読む

玉木宏には「帰る家」があった⁉

私はあまりTVドラマを見る方ではない。けれども、たまに見て“引き摺り込まれる”ことがある。金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」がまさにそうだった。このドラマは要するに“W不倫”を扱った話だが、奇妙なほ…続きを読む

ピラミッドの頂上が崩れていく時

「AKB選抜総選挙」で1位を獲得した松井珠理奈氏が自らの“誕生祭”を体調不良ということで休止した。今、AKBグループ関連のメンバーが総勢何名になるのか知らないが、そのトップが“総選挙”による1位である…続きを読む

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.