今日の迷言・余言・禁言

誰を意識しながら仕事をするか

NHKからフリーとなり現在は日テレでニュース番組を担当する有働アナが10月2日出演のタモリにアドバイスを求めた。それに対してタモリ氏は「見ている側に立って何かをやることはほとんどない、自分が面白いからやっている」と答えた。有働氏は「27年ずっと視聴者の側に立ってきた…自分が面白いかどうかわからない」と困惑気味だった。お二人の仕事に対する姿勢は“正反対”なわけだが、おそらく、どの仕事であれ、その“どちらかの側”に立つ人たちが多いに違いない。私は“直接鑑定”“メール鑑定”“電話鑑定”と三つの形を持っているが、これらに関しては基本的に“相手の側”に立って仕事を行っている。つまり、その依頼者の場合は、どういう方向へ向かえば幸せを掴めるか、幸運な人生を歩めるか、後悔しない結果を招くか、そういう意識の元に仕事をしている。まあ仕事の性質から言って当然だともいえるが、占い師の中にはその“進むべき道”を押し付けるようなタイプも多い。私は基本的に“人生は自分で選ぶべきもの”だと思っているので、方向性は指し示すが、押し付けるようなことはしない。私の仕事の中で比較的“自己中心的”に進めていくのはブログや書籍など“書く方の仕事”である。これらは読み手をあまり意識していない。自分が描きたいように書く。いや、より正確に言えば、自分だったなら“こういうものを読みたい”と思うことを書く。一般の人達が読んだときに、どう思うかということはほとんど気にしない。私は基本的に同業者のブログなどはほとんど読まない。正直に言えば興味がない。ただ、もし私が書くような内容に近い“占い雑記”や“占い記録”を書いている人物がいるなら、ぜひ読んでみたい。どんな占いでも良いが、プロ占い師が読んでも“大いに役立つ”と言えるようなブログである。但し、専門技法だけを自分たちに判る言葉で並べているのはごめんだ。すぐに“大昔の人物”を持ち出す人もごめんだ。ところが調べ方が悪いのか、私はそういう「師」として頼れる占い師を残念ながら知らないのだ。もし、私にとって大いに参考となりそうなブログや勉強になりそうなブログがあったなら、ぜひ教えて欲しい。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.