四柱推命の源流

「東洋占術の王道」とも言われる四柱推命ですが、その原初の姿から現在に至る種々な研究までを本当に正しく認識している占術家はほとんどおりません。 そこで、原初からの中国系占術が誕生し、変遷していく真実の姿を皆さんに公開しようとするものです。

謎だった「蔵干」・「六合」と呼ばれているものの正体

四柱推命による判断方法は、まず生年月日時から「命式(めいしき)」と呼ばれる四柱干支を表出し、その四柱干支の相互関係を分析するところからスタートします。通常、この四柱干支の八文字以外に「蔵干(ぞうかん)」と呼ばれているものを表出するのですが、その場合、月支の蔵干のみを表出する見方(流派)と、すべての十二支の蔵干を表出する見方(流派)とがあります。

この蔵干に関して、私は若い頃、不思議で仕方がありませんでした。

どの書籍にも、蔵干の表出法(流派により様々です)は書かれてあるのですが、肝心の「蔵干」とは一体何なのか、何のために表出するのか、どうして流派によって表出法が違うのか、「月支蔵干」と他の蔵干とを区別して扱うのはなぜなのか、なぜ月支蔵干をそんなに重要視するのか、月支蔵干の区分(月律分野)はどのようにして生まれたのか……きちんと書かれてある書籍が見当たらなかったからです。

中でも一番不思議だったのは、月支蔵干の区分(月律分野)と、その各区分に配当されている十干の原理でした。そこで推命学における創成期の原書において「月支蔵干の月律分野」とされているものを比較してみました。そうすると、次のような興味深い事実を見出したのです。

『三命通會』(萬民英)による月律蔵干

  余気 中気 正気
己 5日間 丙 5日間 甲 20日間
戊 5日間 庚 5日間 丙 20日間
己 5日間 壬 5日間 庚 20日間
戊 5日間 甲 5日間 壬 20日間

『淵海子平』(徐子平)による月律蔵干

  余気 中気 正気
甲 10日間   乙 20日間
丙 10日間 己 9日間 丁 11日間
庚 10日間   辛 20日間
壬 10日間   癸 20日間

各十二支に対する余気・中気・正気の配当は5日間だったり、10日間だったり、20日間だったりしています。また中気だけは、存在していたり、空白だったりしています。そこで、今仮に1年を360日(360度)と仮定して、余気・中気・正気を10日間で均等にすれば、次のような月律蔵干が誕生することになります。

月の12支 余気 中気 正気
己 10日間 丙(火) 10日間 甲 10日間
甲 10日間 乙(木) 10日間 乙 10日間
乙 10日間 癸(水) 10日間 戊 10日間
戊 10日間 庚(金) 10日間 丙 10日間
丙 10日間 丁(火) 10日間 丁 10日間
丁 10日間 乙(木) 10日間 己 10日間
己 10日間 壬(水) 10日間 庚 10日間
庚 10日間 辛(金) 10日間 辛 10日間
辛 10日間 丁(火) 10日間 戊 10日間
戊 10日間 甲(木) 10日間 壬 10日間
壬 10日間 癸(水) 10日間 癸 10日間
癸 10日間 辛(金) 10日間 己 10日間

このように配当すると、仮に1年を360日(360度)と仮定すれば、月支とは別に10日間ごと特定の十干(五行)が「蔵干の気」として、我々の人生に影響を与えていることになるのです。

ここで注目すべきは「中気」の十干(五行)で、120度ごとに「火」「木」「水」「金」が来て、蔵干(五行)同士が「三合会局」(正三角形)の法則の元に作用していることです。

ヨーロッパの占星術一方、西洋占星術においては、古来12星座とは別に、10日間ごと特定の惑星が「デカン」或いは「デカネート」として、我々の人生に影響を与えている…とされてきました。現代占星学では、このデカネートを誤解し「10日間ごと12星座の一つが影響を与える」と教えているのですが、本来は星座ではなく、36の神々(古代エジプト)である恒星が影響を与える(やがて惑星神に変化)期間だったのです。この「デカン」は、ギリシャ語圏では「プロソポン」、ラテン語圏では「ファキエース」と呼ばれましたが、いずれも「顔」を意味し、ルネッサンス期のホロスコープ図では外側に36の顔が描かれました。

エジプト占星術古代エジプト王国においては恒星であったデカンが、ギリシャ語圏以降は「10日間ごと影響を与える惑星神」として扱われ、さらに「惑星神の家としての12星座」へと変貌していくのです。こうして現代においては、「デカン」=「デカネート」=「10日ごとの12星座」として、次のような影響が与えられると教えられるのです。

黄道12宮 第1デカネート 第2デカネート 第3デカネート
おひつじ座(火象星座) おひつじ10度間 しし(太陽)10度間 いて10度間
おうし座(地象星座) おうし10度間 おとめ(水星)10度間 やぎ10度間
ふたご座(風象星座) ふたご10度間 てんびん(金星)10度間 みずがめ10度間
かに座(水象星座) かに10度間 さそり(火星)10度間 うお10度間
しし座(火象星座) しし10度間 いて(木星)10度間 おひつじ10度間
おとめ座(地象星座 おとめ10度間 やぎ(土星)10度間 おうし10度間
てんびん座(風象星座) てんびん10度間 みずがめ(土星)10度間 ふたご10度間
さそり座(水象星座) さそり10度間 うお(木星)10度間 かに10度間
いて座(火象星座) いて10度間 おひつじ(火星)10度間 しし10度間
やぎ座(地象星座) やぎ10度間 おうし(金星)10度間 おとめ10度間
みずがめ座(風象星座) みずがめ10度間 ふたご(水星)10度間 てんびん10度間
うお座(水象星座) うお10度間 かに(月=太陰)10度間 さそり10度間

黄道12星座は「火」「地」「風」「水」の順で巡り、第2デカネートは120度先の星座(支配星)が位置していて、正三角形の法則(アスペクト)の元に作用していることです。しかも、その支配星は「太陽」に始まり、「水星」→「金星」→「火星」→「木星」→「土星」と進んで、そこからまた逆行し、「土星」→「木星」→「火星」→「金星」→「水星」と進んで、「太陰(月)」に終わっているのです。もちろん、これは18世紀頃まで用いられた「古代の支配星」と呼ばれるもので、肉眼観察可能な7惑星のみを対象としています。18世紀までの西洋占星術に「天王星」「海王星」「冥王星」などは存在しなかったからです。

支配星黄道12星座は、古代から引き継がれてきた≪昼の6星座≫と≪夜の6星座≫とに二分されていました。実は近代まで、古代エジプト王国時代の「夏至点」に位置した「しし座」~「やぎ座」までの6星座は「昼の星座」、同じく「冬至点」に位置した「みずがめ座」~「かに座」までの6星座は「夜の星座」とされていたのです。そして肉眼観察可能な古代の7惑星には、惑星神が住まうための「昼の家(星座)」と「夜の家(星座)」とを持っていたのです。もっとも、「太陽」は「昼の家」だけ、「月(太陰)」は「夜の家」だけですが…。これこそが現代まで続いている「支配星」の真実なのです。

これらを改めて整理すると、次のようになります。

昼の家(星座) 支配星 夜の家(星座) 支配星
しし座 太陽 かに座 月(太陰)
おとめ座 水星 ふたご座 水星
てんびん座 金星 おうし座 金星
さそり座 火星 おひつじ座 火星
いて座 木星 うお座 木星
やぎ座 土星 みずがめ座 土星

ここで大変興味深い事実をお見せいたします。

実は、この「支配星の原理」は、そのまま四柱推命における「十二支六合の原理」と一致しているのです。そこで解りやすいように、まず、12星座と十二支とを次のように一体化させます。

12星座=十二支 変化する「五行(惑星)」  12星座=十二支
しし座=午 六合(太陽・太陰) かに座=未
おとめ座=巳 六合(「水」と化す) ふたご座=申
てんびん座=辰 六合(「金」と化す) おうし座=酉
さそり座=卯 六合(「火」と化す) おひつじ座=戌
いて座=寅 六合(「木」と化す) うお座=亥
やぎ座=丑 六合(「土」と化す) みずがめ座=子

つまり、四柱推命における十二支は、西洋占星術の12星座と同じく、古代の7惑星が住まう「家」の役割を果たしていて、「支の六合」として支配星が「昼の家(十二支)」と「夜の家(十二支)」を結びつけ、支配する五惑星(五行)に化することとなっていたのです。


最近の記事はこちら

推命学研究の異説について ―その2・蔵干―

「四柱(子平)推命」という占術は、元々“異説”が多いのですが、その中でも多くの異説にあふれているのが「蔵干」と呼ばれているものに関する異説です。「蔵干(ぞうかん)」に対しては、すでに“vol.9”の記…続きを読む

推命学研究の異説について ―その1・暦―

四柱(子平)推命を始めとして、東洋系の推命学占術の根底にあるのは「干支暦法」です。ところが、この干支暦という暦は、必ずしもすべての占い師が同一の暦区分を用いているわけではありません。しかも、占術の種類…続きを読む

鬼谷子算命学と四柱(子平)推命学との間

鬼谷子算命学(通称「算命学」)と呼ばれる「推命学」の一分派があります。「四柱推命」を主とする広義の推命学分野には種々の分派があるので、その内の一つが「鬼谷子算命学」であると見ることはできます。ただ日本…続きを読む

四柱推命と星平会海が共有している星たち

現代の四柱推命は、実に多くの流派(門派)・研究者によるさまざまな観方・判断の仕方に彩られています。けれども、そのどの流儀に属するにしろ、その源となっているのは中国の徐子平・萬民英・劉伯温など宋代~明代…続きを読む

「3日=1年」大運法と、 同じ発想だった「1日=1年」進運法

四柱(子平)推命について少しでも知識のある方であれば、「大運法」と呼ぶ10年間ごとの運気の流れを予知する「仮想進運法」が存在することを知っているでしょう。流派によっては「10年間ごと」に統一していない…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.