今日の迷言・余言・禁言

“謎”の競演―宮沢りえ&貴乃花

人は時々「おやっ?」というニュースに目が止める。その二人、何かが共通しているような…そう25年前、宮沢りえ&貴乃花と言えば「婚約会見」を開いた二人ではないか。その二人が、今や別々の形で注目されている。宮沢りえさんの方は、突如インスタグラムのアカウントを削除した。“2017年末にも結婚か”と一部週刊誌で報道されていた歌手・俳優の森田剛氏との“熱愛”。ところが、その森田剛ファンからの批判・中傷が、宮沢さんのインスタグラム上で相次いでいた…と言われる。それを受けてのアカウント削除とされている。彼女は「私は美しい言葉が好きです」と最後に書き残していた。つまり、あまりの批判・中傷に耐えがたかったのだろう。最近、このような形で自らの“公式ページ”を閉じてしまうケースが多い。攻撃する側は、自分の素性を晒していない。つまり、アンフェアなのだ。私は、いつも思うのだが、著名人に対して何を言おうと自由だが、素性を晒さないのは卑怯である。私のような有名でない者にも、ごくまれに“批判・中傷”らしきものが来る。まあ、私の場合は、そういうもので傷つくほど“やわ”ではないから良いのだが、とにかく「批判したいなら自らの名や素性を明かせ!」というのが私の基本である。それが出来ないのは、自らに“やましさ”があるからである。私など、いつも著名人に対していろいろなことを書いているが、常に名を晒している。逆に言うと、名を出せないようなことは書かない。ところで、貴乃花の方だが、この人も“日馬富士&貴ノ岩”問題で何故か今や注目の的である。本来なら直接的には関係ないはずなのだが、一部ファンや関係者から批判・中傷の的となっている。ここで初めて本題に入る。つまり、25年前、婚約会見に続いての“婚約破棄報道”で世間から批判・中傷を浴びた二人は、いままた別の形で“謎”を抱え、信念の行動が“飛び火”しての批判を浴びて、大いに傷つき、けれども黙して語らずの状態となっている。奇妙にも同じ時期に“謎の本質”哀しみを語れない状態に陥っている。「運命」の神は“激やせ”を乗り越えた二人に、新たな試練を与えようとしている。


最近の記事はこちら

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

世界は沈黙で「日本へのミサイル」を許す⁉

2月27日にベトナムのダナンで第2回目の「米朝会談」が開かれることが決定的となった。日本国内においては、今回の会談を重要視する人は少ない。ほとんどの人が「なんでまたやるの?」「同じことの繰り返しでしょ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.