今日の迷言・余言・禁言

“謎”の競演―宮沢りえ&貴乃花

人は時々「おやっ?」というニュースに目が止める。その二人、何かが共通しているような…そう25年前、宮沢りえ&貴乃花と言えば「婚約会見」を開いた二人ではないか。その二人が、今や別々の形で注目されている。宮沢りえさんの方は、突如インスタグラムのアカウントを削除した。“2017年末にも結婚か”と一部週刊誌で報道されていた歌手・俳優の森田剛氏との“熱愛”。ところが、その森田剛ファンからの批判・中傷が、宮沢さんのインスタグラム上で相次いでいた…と言われる。それを受けてのアカウント削除とされている。彼女は「私は美しい言葉が好きです」と最後に書き残していた。つまり、あまりの批判・中傷に耐えがたかったのだろう。最近、このような形で自らの“公式ページ”を閉じてしまうケースが多い。攻撃する側は、自分の素性を晒していない。つまり、アンフェアなのだ。私は、いつも思うのだが、著名人に対して何を言おうと自由だが、素性を晒さないのは卑怯である。私のような有名でない者にも、ごくまれに“批判・中傷”らしきものが来る。まあ、私の場合は、そういうもので傷つくほど“やわ”ではないから良いのだが、とにかく「批判したいなら自らの名や素性を明かせ!」というのが私の基本である。それが出来ないのは、自らに“やましさ”があるからである。私など、いつも著名人に対していろいろなことを書いているが、常に名を晒している。逆に言うと、名を出せないようなことは書かない。ところで、貴乃花の方だが、この人も“日馬富士&貴ノ岩”問題で何故か今や注目の的である。本来なら直接的には関係ないはずなのだが、一部ファンや関係者から批判・中傷の的となっている。ここで初めて本題に入る。つまり、25年前、婚約会見に続いての“婚約破棄報道”で世間から批判・中傷を浴びた二人は、いままた別の形で“謎”を抱え、信念の行動が“飛び火”しての批判を浴びて、大いに傷つき、けれども黙して語らずの状態となっている。奇妙にも同じ時期に“謎の本質”哀しみを語れない状態に陥っている。「運命」の神は“激やせ”を乗り越えた二人に、新たな試練を与えようとしている。


最近の記事はこちら

矛盾しているTV「小室圭氏の追っかけ」

時々マスコミというのはストーカーまがいの「追っかけ」をする。芸能人の場合もあれば、スポーツ選手とか、政治家とか、事件の主役の場合もある。たとえ“事件の主役”であっても、“容疑者”であっても、その顔をT…続きを読む

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.