今日の迷言・余言・禁言

“謎”の競演―宮沢りえ&貴乃花

人は時々「おやっ?」というニュースに目が止める。その二人、何かが共通しているような…そう25年前、宮沢りえ&貴乃花と言えば「婚約会見」を開いた二人ではないか。その二人が、今や別々の形で注目されている。宮沢りえさんの方は、突如インスタグラムのアカウントを削除した。“2017年末にも結婚か”と一部週刊誌で報道されていた歌手・俳優の森田剛氏との“熱愛”。ところが、その森田剛ファンからの批判・中傷が、宮沢さんのインスタグラム上で相次いでいた…と言われる。それを受けてのアカウント削除とされている。彼女は「私は美しい言葉が好きです」と最後に書き残していた。つまり、あまりの批判・中傷に耐えがたかったのだろう。最近、このような形で自らの“公式ページ”を閉じてしまうケースが多い。攻撃する側は、自分の素性を晒していない。つまり、アンフェアなのだ。私は、いつも思うのだが、著名人に対して何を言おうと自由だが、素性を晒さないのは卑怯である。私のような有名でない者にも、ごくまれに“批判・中傷”らしきものが来る。まあ、私の場合は、そういうもので傷つくほど“やわ”ではないから良いのだが、とにかく「批判したいなら自らの名や素性を明かせ!」というのが私の基本である。それが出来ないのは、自らに“やましさ”があるからである。私など、いつも著名人に対していろいろなことを書いているが、常に名を晒している。逆に言うと、名を出せないようなことは書かない。ところで、貴乃花の方だが、この人も“日馬富士&貴ノ岩”問題で何故か今や注目の的である。本来なら直接的には関係ないはずなのだが、一部ファンや関係者から批判・中傷の的となっている。ここで初めて本題に入る。つまり、25年前、婚約会見に続いての“婚約破棄報道”で世間から批判・中傷を浴びた二人は、いままた別の形で“謎”を抱え、信念の行動が“飛び火”しての批判を浴びて、大いに傷つき、けれども黙して語らずの状態となっている。奇妙にも同じ時期に“謎の本質”哀しみを語れない状態に陥っている。「運命」の神は“激やせ”を乗り越えた二人に、新たな試練を与えようとしている。


最近の記事はこちら

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

「母親」は「息子」を道ずれにした

親戚が集まった時、表立っては言えないけど、誰もが暗黙に頷き合うような“死”というのがある。この場合も、きっとそうだったに違いない。親戚たちは二度集まり、棺は二つ並べられていたからだ。そして誰もが神妙だ…続きを読む

札幌―東京間「新幹線」4時間半は魅力だが…

JRは「北海道新幹線」の一番のネックと言われていた“時間の短縮”を本気で考え始めたようだ。現在のままだと東京―札幌間は5時間半くらいかかると言われ、それなら飛行機が良いかなと、誰でも思ってしまう。特に…続きを読む

「正しい生き方」は“正しくない”のだ⁉

世の中には何でも“正しく”なければ気の済まない人達がいる。そういう人たちは「あれもダメ」「これもダメ」と言って、世の中に“規制”や“罰則”を増やしていく。そして、そういう人たちは「私たちは世の中を良く…続きを読む

「スクールバス」がハンマーで襲われる

“人種の違い”というものを感じさせられる時がある。昨日、アメリカから入ったニュース映像は正にそんな感じだった。何しろ、高校生たちを乗せた「スクールバス」の車内で女子高生同士のけんかが始まったのだ。スマ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.