今日の迷言・余言・禁言

豊かさの証明「雑誌のある生活」

雑誌の売り上げが落ちているらしい。昨年度の売り上げ集計が出て、前年比で約10%の落ち込みらしい。32年ぶりに書籍の売り上げを下回ったという。中でも落ち込んだのが女性ファッション誌で前年比で約12%減。最大の理由は休刊誌が相次いだことで、30年間続いた『ピチレモン』、26年間続いた『キューティ』などが休刊となった。雑誌の休刊は、通常、売れなくなったからだと思われがちだが、実際には売れなくても継続している雑誌はたくさんある。一定の“広告収入”があれば、雑誌というのは継続していけるからだ。つまり雑誌の休刊は、売り上げ部数そのものより“広告の取れる取れない”が大きいのだ。それだけ女性誌に広告が出されなくなった。バブル期に発刊された雑誌が多いので、当然といえば当然かもしれない。経済が低迷する中で、懐具合に敏感な女性たちは、無意味な内容も付随する雑誌からではなく、お金のかからないネットなどの媒体から情報を得るよう変化してきている。けれども海外の書店を訪れて感じるのは、自国の雑誌を“多数並べている国”は意外なほど少ないということだ。特に公用語が英語圏の国では、世界的に有名な雑誌だけを並べて、自国の雑誌は片隅に追いやられているケースも珍しくない。雑誌は“その国の文化”なのだ。台湾、香港、タイなどでは“日本の雑誌”も多い。実際、日本の雑誌は、緻密な誌面構成など世界的に見てもレベルが高い。おそらく経済が豊かになれば、もう一度、どの女性の部屋にも「雑誌のある生活」を取り戻すことができるに違いない。


最近の記事はこちら

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

世界は沈黙で「日本へのミサイル」を許す⁉

2月27日にベトナムのダナンで第2回目の「米朝会談」が開かれることが決定的となった。日本国内においては、今回の会談を重要視する人は少ない。ほとんどの人が「なんでまたやるの?」「同じことの繰り返しでしょ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.