今日の迷言・余言・禁言

豊かさの証明「雑誌のある生活」

雑誌の売り上げが落ちているらしい。昨年度の売り上げ集計が出て、前年比で約10%の落ち込みらしい。32年ぶりに書籍の売り上げを下回ったという。中でも落ち込んだのが女性ファッション誌で前年比で約12%減。最大の理由は休刊誌が相次いだことで、30年間続いた『ピチレモン』、26年間続いた『キューティ』などが休刊となった。雑誌の休刊は、通常、売れなくなったからだと思われがちだが、実際には売れなくても継続している雑誌はたくさんある。一定の“広告収入”があれば、雑誌というのは継続していけるからだ。つまり雑誌の休刊は、売り上げ部数そのものより“広告の取れる取れない”が大きいのだ。それだけ女性誌に広告が出されなくなった。バブル期に発刊された雑誌が多いので、当然といえば当然かもしれない。経済が低迷する中で、懐具合に敏感な女性たちは、無意味な内容も付随する雑誌からではなく、お金のかからないネットなどの媒体から情報を得るよう変化してきている。けれども海外の書店を訪れて感じるのは、自国の雑誌を“多数並べている国”は意外なほど少ないということだ。特に公用語が英語圏の国では、世界的に有名な雑誌だけを並べて、自国の雑誌は片隅に追いやられているケースも珍しくない。雑誌は“その国の文化”なのだ。台湾、香港、タイなどでは“日本の雑誌”も多い。実際、日本の雑誌は、緻密な誌面構成など世界的に見てもレベルが高い。おそらく経済が豊かになれば、もう一度、どの女性の部屋にも「雑誌のある生活」を取り戻すことができるに違いない。


最近の記事はこちら

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.