今日の迷言・余言・禁言

賃貸は“安く”なり、分譲は“高く”なる不思議

或る事情があって、地方から札幌に出てくる若者向け“賃貸物件”をいろいろと調べた。予想していたよりも“安い”物件が多いことに驚く。3万円前後の物件が山のようにある。私自身が室蘭から札幌に出てこようと不動産屋さんを回ったのは30年以上も前だから比較にならないが、その時、私は3万8千円で借りたように記憶する。地下鉄駅に近い1DKの部屋だ。ところが今は、そのくらい出すと、もっと立派な部屋が借りられる。賃貸物件は総じて昔より、やや安くなっている印象なのだ。一方、分譲物件の方はというと、新聞に挟まれてくるチラシ等から推察して、ここ数年じわじわと値上がりしている。明らかに十年前より高くなっている。私の住む地域など、昔3千万円で買えた物件が今は4千万円で売れているのだ。もちろん地価の値上がりなどもあるから、一概には言えないが、総体的に札幌の分譲物件が高くなったことだけは間違いがない。建築資材などの高騰から近年の新築不動産はどうしても“高い”印象なのだ。この“賃貸安く”“分譲高い”という現象がしばらく続いてくれるなら、若い時に分譲で家を買い、ローンを払い終えた頃に売って、その後は賃貸で暮らすという方法が、ものすごく“お得”のような気がするのだが、どうなのだろう。何しろ、ローンを払い終える頃には普通30年くらいたっている。それで、購入価格よりも高値で売れて、そのあと“安い新築の賃貸”で暮らすことができれば、とても新鮮な気分で“リッチな生活”が出来そうではないか。なかなか“良いアイディア”のようにも思うのだが、何となく、訊く前から“冷たい眼”で見られそうな嫌な予感。う~ん、世の中は難しい。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.