今日の迷言・余言・禁言

賃貸は“安く”なり、分譲は“高く”なる不思議

或る事情があって、地方から札幌に出てくる若者向け“賃貸物件”をいろいろと調べた。予想していたよりも“安い”物件が多いことに驚く。3万円前後の物件が山のようにある。私自身が室蘭から札幌に出てこようと不動産屋さんを回ったのは30年以上も前だから比較にならないが、その時、私は3万8千円で借りたように記憶する。地下鉄駅に近い1DKの部屋だ。ところが今は、そのくらい出すと、もっと立派な部屋が借りられる。賃貸物件は総じて昔より、やや安くなっている印象なのだ。一方、分譲物件の方はというと、新聞に挟まれてくるチラシ等から推察して、ここ数年じわじわと値上がりしている。明らかに十年前より高くなっている。私の住む地域など、昔3千万円で買えた物件が今は4千万円で売れているのだ。もちろん地価の値上がりなどもあるから、一概には言えないが、総体的に札幌の分譲物件が高くなったことだけは間違いがない。建築資材などの高騰から近年の新築不動産はどうしても“高い”印象なのだ。この“賃貸安く”“分譲高い”という現象がしばらく続いてくれるなら、若い時に分譲で家を買い、ローンを払い終えた頃に売って、その後は賃貸で暮らすという方法が、ものすごく“お得”のような気がするのだが、どうなのだろう。何しろ、ローンを払い終える頃には普通30年くらいたっている。それで、購入価格よりも高値で売れて、そのあと“安い新築の賃貸”で暮らすことができれば、とても新鮮な気分で“リッチな生活”が出来そうではないか。なかなか“良いアイディア”のようにも思うのだが、何となく、訊く前から“冷たい眼”で見られそうな嫌な予感。う~ん、世の中は難しい。


最近の記事はこちら

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.