今日の迷言・余言・禁言

賭けに出た綾部裕二の野望

このところ「ピース綾部」の今後に関して“ピリピリムード”が流れている。昨年秋に、2017年4月からアメリカを活動拠点に移すと宣言した芸人・綾部裕二氏。レギュラー8本をなげうっての挑戦として話題になった。これまで一応コンビ「ピース」として活動してきたのだから、海外に拠点を移す以上「コンビ活動休止」と表記されるのは当然のことで、それをわざわざ所属事務所が「休止状態とは言えない」と訂正するのは理解に苦しむ。仮に失敗して戻ったとしても、誰が彼を責めるだろうか。元々日本のコメディアンが“コメディアンではない形(?)”でアメリカで名をはせたい! という訳の分からない挑戦なのだ。しかも英語も満足に話せない。アメリカに居住した経験もない。「就労ビザの申請がなかなか下りない」というもの当然ではないか。或る意味で“無謀な挑戦”なのだ。けれども、運命学者としての立場からいえば、実はこの“無謀な挑戦”が成功するケースが時々ある。だから人生はわからない。「運命」という言葉は、だから存在しているようなものなのである。例えば彼の“眉の形”は実に良い。男性として“理想的な眉の形”なのだ。但し、本当は“お笑い芸人”として生きていく眉の形ではない。実際、彼は“芸人”となる前、家具製造メーカーで技術者として働いていた。そう“技術や芸術の専門家”としての素質を持っている眉なのだ。したがって、もし、ハリウッドでスターになれなければ、家具職人に戻れば良い。そのくらいの意識を持った方が良い。所属事務所としては“それでは困る”から「休止状態とは言えない」と釘をさすのだ。所属する吉本としては“日本独自のコメディー”をアメリカに輸出したい野望を持っている。その先鞭として綾部氏を使いたいのだ。もちろん、表面上は“綾部の夢を応援する”という形をとる。それにしても、又吉直樹氏は芥川賞作家となった。綾部裕二氏は“ハリウッド俳優”として赤絨毯を踏むことが出来るだろうか。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.