今日の迷言・余言・禁言

賭けに出た綾部裕二の野望

このところ「ピース綾部」の今後に関して“ピリピリムード”が流れている。昨年秋に、2017年4月からアメリカを活動拠点に移すと宣言した芸人・綾部裕二氏。レギュラー8本をなげうっての挑戦として話題になった。これまで一応コンビ「ピース」として活動してきたのだから、海外に拠点を移す以上「コンビ活動休止」と表記されるのは当然のことで、それをわざわざ所属事務所が「休止状態とは言えない」と訂正するのは理解に苦しむ。仮に失敗して戻ったとしても、誰が彼を責めるだろうか。元々日本のコメディアンが“コメディアンではない形(?)”でアメリカで名をはせたい! という訳の分からない挑戦なのだ。しかも英語も満足に話せない。アメリカに居住した経験もない。「就労ビザの申請がなかなか下りない」というもの当然ではないか。或る意味で“無謀な挑戦”なのだ。けれども、運命学者としての立場からいえば、実はこの“無謀な挑戦”が成功するケースが時々ある。だから人生はわからない。「運命」という言葉は、だから存在しているようなものなのである。例えば彼の“眉の形”は実に良い。男性として“理想的な眉の形”なのだ。但し、本当は“お笑い芸人”として生きていく眉の形ではない。実際、彼は“芸人”となる前、家具製造メーカーで技術者として働いていた。そう“技術や芸術の専門家”としての素質を持っている眉なのだ。したがって、もし、ハリウッドでスターになれなければ、家具職人に戻れば良い。そのくらいの意識を持った方が良い。所属事務所としては“それでは困る”から「休止状態とは言えない」と釘をさすのだ。所属する吉本としては“日本独自のコメディー”をアメリカに輸出したい野望を持っている。その先鞭として綾部氏を使いたいのだ。もちろん、表面上は“綾部の夢を応援する”という形をとる。それにしても、又吉直樹氏は芥川賞作家となった。綾部裕二氏は“ハリウッド俳優”として赤絨毯を踏むことが出来るだろうか。


最近の記事はこちら

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.