今日の迷言・余言・禁言

賭けに出た綾部裕二の野望

このところ「ピース綾部」の今後に関して“ピリピリムード”が流れている。昨年秋に、2017年4月からアメリカを活動拠点に移すと宣言した芸人・綾部裕二氏。レギュラー8本をなげうっての挑戦として話題になった。これまで一応コンビ「ピース」として活動してきたのだから、海外に拠点を移す以上「コンビ活動休止」と表記されるのは当然のことで、それをわざわざ所属事務所が「休止状態とは言えない」と訂正するのは理解に苦しむ。仮に失敗して戻ったとしても、誰が彼を責めるだろうか。元々日本のコメディアンが“コメディアンではない形(?)”でアメリカで名をはせたい! という訳の分からない挑戦なのだ。しかも英語も満足に話せない。アメリカに居住した経験もない。「就労ビザの申請がなかなか下りない」というもの当然ではないか。或る意味で“無謀な挑戦”なのだ。けれども、運命学者としての立場からいえば、実はこの“無謀な挑戦”が成功するケースが時々ある。だから人生はわからない。「運命」という言葉は、だから存在しているようなものなのである。例えば彼の“眉の形”は実に良い。男性として“理想的な眉の形”なのだ。但し、本当は“お笑い芸人”として生きていく眉の形ではない。実際、彼は“芸人”となる前、家具製造メーカーで技術者として働いていた。そう“技術や芸術の専門家”としての素質を持っている眉なのだ。したがって、もし、ハリウッドでスターになれなければ、家具職人に戻れば良い。そのくらいの意識を持った方が良い。所属事務所としては“それでは困る”から「休止状態とは言えない」と釘をさすのだ。所属する吉本としては“日本独自のコメディー”をアメリカに輸出したい野望を持っている。その先鞭として綾部氏を使いたいのだ。もちろん、表面上は“綾部の夢を応援する”という形をとる。それにしても、又吉直樹氏は芥川賞作家となった。綾部裕二氏は“ハリウッド俳優”として赤絨毯を踏むことが出来るだろうか。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.