今日の迷言・余言・禁言

身の丈に合った“生き方”が「日本のニトリ」にした

「汝自身を知れ」という言葉があるが、まさに“自分の素質・能力”を客観的に知っていること、そして“自分の運命”の質や型を把握していることは“より良い人生”を歩むための最大の武器と言える。“自分の素質・能力”については、誰でも何となくは知っている。大体三十代後半くらいになれば、客観的と言えるかどうかはともかく、何となくは把握している。けれども、自分が持っている“運命の質や型”に関して把握している人はまことに少ない。客観的に測る手立てがないからだ。ところが「人生の達人」と言えるような人は、この自分に与えられた“運命の質や型”を実によく知っている。別に“占い”で把握したわけではない。何となくの勘から、或いは人生上の経験から、自分に与えられた“質”や“型”を感じ取っている。だから、その“質”や“型”に逆らわないので、大きな失敗をすることがない。その典型を「ニトリ」の創業者・似鳥昭雄氏に見る。彼には学歴も家柄もない。諸事情から仕方なく旭川で始めたのが“小汚い家具屋”なのだ。どうすれば売れるかを考え、“本店”なのに“支店”としてスタートした。支店であれば、小さくて当たり前となる。今すぐ商品がなくてOKとなる。ミスがあっても、支店なもので…で笑って許される。学歴はなかったが、商才はあった。彼はこの時期に、庶民は“小汚い家具屋”からでも“安ければ買う”と掴んだ。そして、そういう“売り方”が自分に与えられた「天命」と悟ったに違いない。その後一貫して、庶民のために“お値段以上”を心掛けた。この身の丈に合った“生き方”が、今日の「ニトリ」を作った。名称も大昔と変わらず「ニトリ」のままである。だから、誰でも読める。すぐ分かる。どんなお年寄りでも、子供でも“家具屋さん”だと知っている。現在は“ホーム雑貨”が売り上げの半分になった。そして今、創業者はアパレル業界に進出しようとしている。多分、デザイン性は全くないが、“お値段以上”の自宅でくつろぐための服を主体に売ることだろう。大塚家具がニトリをまねて失敗するのは当然である。エリートとして育った“かぐや姫”社長は、庶民を相手に商売をしてはならないのだ。高くても良いものを買う“お嬢様たち”に“お姫様家具”を販売しなければ倒産してしまう。人は身の丈に合った“生き方”で成功するよう出来ているのだ。


最近の記事はこちら

「インド占星術師」に転身の上祐史浩氏⁉

ちょっと驚かされるニュースが入ってきた。元オウム真理教徒で現在「ひかりの輪」を主宰している上祐史浩氏が“インド占星術師”に転身するというのだ。今回のセミナーで初めてそれを公言したらしい。元々上祐氏は古…続きを読む

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.