今日の迷言・余言・禁言

身の丈に合った“生き方”が「日本のニトリ」にした

「汝自身を知れ」という言葉があるが、まさに“自分の素質・能力”を客観的に知っていること、そして“自分の運命”の質や型を把握していることは“より良い人生”を歩むための最大の武器と言える。“自分の素質・能力”については、誰でも何となくは知っている。大体三十代後半くらいになれば、客観的と言えるかどうかはともかく、何となくは把握している。けれども、自分が持っている“運命の質や型”に関して把握している人はまことに少ない。客観的に測る手立てがないからだ。ところが「人生の達人」と言えるような人は、この自分に与えられた“運命の質や型”を実によく知っている。別に“占い”で把握したわけではない。何となくの勘から、或いは人生上の経験から、自分に与えられた“質”や“型”を感じ取っている。だから、その“質”や“型”に逆らわないので、大きな失敗をすることがない。その典型を「ニトリ」の創業者・似鳥昭雄氏に見る。彼には学歴も家柄もない。諸事情から仕方なく旭川で始めたのが“小汚い家具屋”なのだ。どうすれば売れるかを考え、“本店”なのに“支店”としてスタートした。支店であれば、小さくて当たり前となる。今すぐ商品がなくてOKとなる。ミスがあっても、支店なもので…で笑って許される。学歴はなかったが、商才はあった。彼はこの時期に、庶民は“小汚い家具屋”からでも“安ければ買う”と掴んだ。そして、そういう“売り方”が自分に与えられた「天命」と悟ったに違いない。その後一貫して、庶民のために“お値段以上”を心掛けた。この身の丈に合った“生き方”が、今日の「ニトリ」を作った。名称も大昔と変わらず「ニトリ」のままである。だから、誰でも読める。すぐ分かる。どんなお年寄りでも、子供でも“家具屋さん”だと知っている。現在は“ホーム雑貨”が売り上げの半分になった。そして今、創業者はアパレル業界に進出しようとしている。多分、デザイン性は全くないが、“お値段以上”の自宅でくつろぐための服を主体に売ることだろう。大塚家具がニトリをまねて失敗するのは当然である。エリートとして育った“かぐや姫”社長は、庶民を相手に商売をしてはならないのだ。高くても良いものを買う“お嬢様たち”に“お姫様家具”を販売しなければ倒産してしまう。人は身の丈に合った“生き方”で成功するよう出来ているのだ。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.