今日の迷言・余言・禁言

“身内の変化”は「眉」に出る

昨日、イベントで登場したビートたけし氏が「自分が作った会社を出て行って何で文句言われるのか分からないんだよ」と嘆いていたらしい。う~ん、ごもっとも。通常は、そういう時、自分から辞めるのではなく、株主総会などで辞めさせられる形になって出て行くケースなら時折存在する。実際、そういう形でいったん辞めさせられて、何年か経って再び社長に舞い戻って来るようなケースさえある。企業も“生き物”なので、創業者が抜けると、途端に弱体化してしまう場合が多い。一般の企業でも、自分で創業してようやく軌道に乗り始めたころ、さっさと手放して、自らは新たな会社を興す、というパターンを繰り返しているような人もいる。大体「オフィス北野」のように“自分の名(姓)”を冠した企業の場合、創業者の血族が絶えてしまうと傾いていく場合が多い。だから、創業した企業を継続したい場合は“姓名”を「社名・店名」に入れないことである。よく「家業」と言えるような“伝統的な職業”の場合、逆に「社名・店名」に“姓名”の一部を入れておくことで、血縁者に継承され続ける作用を生むこともある。とにかく「オフィス北野」は創業者が抜けたのだから、弱体化するのは眼に見えている。そういう場合、社名の一部を変えて、例えば「オフィスKITANO」のように印象を一変することで“新たな生命”が宿ったりする。ところで、私が気になったのはビートたけし氏の顔貌の変化だった。いつの間にか左右の眉が極端に“上下している”のだ。元々顔の左右に歪みの大きい人だが、眉の上下はかなり極端、しかも最近の変化だ。これは文字通り、自分の“分身のような会社”を手放したことと無関係ではない。眉の上下が目立つ人は、先祖関係、家族関係、住居関係に何らかの問題がある。昔は「異腹の兄弟有りの相」と言われた。現代は、それよりも“相続・遺産・後継”に関してトラブルが生じやすい相と見るべきだろう。果たして彼の愛犬は“良き後継者”となりうるのであろうか。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.