今日の迷言・余言・禁言

近日オープン幻想的な「アップル宇宙船」

世界各地にユニークな外観形状で「アップルストア」を展開しているのが最先端企業アップルだ。このほどシンガポールのマリーナベイ・サンズの湾海上にドーム状の外観で登場するのが一際目立つ新店舗だ。もちろん、間近にはマリーナベイ・サンズの独特な形状をしたカジノホテルがあって、その57階インフィニティプールからも眺められる。夜になると、その建物球体下部が、青や緑や紫などのグラデーションに輝く。それが海面に反射し、文字通り“宇宙船”のように視えるらしい。なにしろ超近代的な建物が林立しているのがシンガポールの湾岸エリアだ。ちなみに「アップル」の“りんごマーク”が少し大きすぎるくらいに目立っている。もう少し“控え目”にした方が、デザイン的には多くの人に愛されるのに…と、余計なことを思ってしまう。ただ最近の建物はどれもこれも“超近代的”かもしれないが、単純すぎてつまらない。やはり私は「アールヌーボー様式」のような“優雅な曲線”が含まれている建物が好きだ。最近の都会に出来るビルやマンションは超近代的ではあるが、心を癒す“優雅さ”が乏しい。“コスト重視”のマンションは、どうしても直線的で単純な箱形となり、外観的な面白みに欠ける。どこか、ユニークな外観形状のマンションを売りにする不動産会社が出てこないものだろうか。実用性から言えば、マンションは難しくても商業ホテルでは可能なはずである。ドバイやマカオのホテルほどではなくても、日本にももう少し“見た目に麗しいホテル”が登場しても良いような気がするのだが…。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.