今日の迷言・余言・禁言

退団後、それぞれの“生き方”

元宝塚で活躍した映美くららさんが第1子となる男児を出産したことをブログで公表した。入団3年目で“月組トップ”になりながら、その3年後には早くも退団して女優に転身、二年前に会社経営の男性と結婚し、今回の出産に至っている。何となく“元宝塚”というと結婚・出産には“縁遠い”ような印象を受ける。それだけに、こういう“元タカラジェンヌ”もいるんだな、と改めて思った。一時期、元宝塚の女優たちが脚光を浴びていた時代がある。大地真央さん、真矢ミキさん、天海祐希さんなどが代表的な存在と言える。つまり元宝塚出身は“大女優”への登竜門だった。ところが、ここに来て、元タカラジェンヌたちは“さまざまな顔”を見せるようになった。例えば、紫吹淳さんや遼河はるひさんのように“バラエティ番組”などで活躍し始める人が出てきた。その“浮世離れ”の言動が、いかにも世間知らずな“元宝塚らしい”と人気を集めている。おそらく叶姉妹と同じで“生活観がない”ところが良いのだろう。実際、近年は周りを見れば“生活観ありすぎ”の話が多い。インターネットで何か良いものを選ぼうと思っても、“安いもの”だけが意図的に表出される。“高くても良いもの”とか、“こだわりの貴重なもの”を求めても、中々それに辿り着けない。そういう時代だから、逆に“生活観のなさ”が麗しく感じることもある。そういう点で“元宝塚”は貴重な存在に浮かび上がりつつある。その一方、同じく元宝塚女優で、数年前デズニーランドで“同性婚挙式”を行って注目を集めたのが東小雪さんだ。彼女は数日前にも「同性愛者がもっと暮らしやすい環境を…」とインタビューの中で訴えていた。昔から見れば、そういう点では暮らしやすくなったと思うが、保守的な人達の生理的な“違和感”だけはどうしようもない。むしろ宝塚で21年間男役を務めて、今年から本格的な“女役”になる北翔海莉さんのように、共演の新納慎也氏から「性転換の仕方を教えてやる」と茶化され「ぜひ入門させてください」と応じるくらいの方が、日本では“生きやすい”のかもしれない。


最近の記事はこちら

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.