今日の迷言・余言・禁言

途中までは、どこかで聞いた話?

一人の女性教師がいた。彼女は小学校教師だった。サモア人の両親を持つ12歳の生徒と出逢ったのは34歳の時、その時、彼女には夫と、既に4人の子供がいた。それでも彼女ルトーノー女教師は、12歳のファラアウ君に対して“特別な好意”を寄せた。22歳も年下の少年を“自分のモノ”とせずにはいられなかった。こうして“二人の関係”が始まった。やがてファラアウ君がルトーノーさんに宛てたラブレターを、彼女の夫が発見する。夫は激怒し「児童に対する強姦罪」で妻を告発した。ちなみに漢字の「強姦」は「女」という文字が三つ重なり、その対象が“女性に限定される文字”となっている。つまり、女性の方から“男性を強姦する”など考えられなかったのだ。こうして彼女は逮捕されたが、すでに妊娠していて、結局、収監される直前、ファラアウ君の子を出産した。そこで裁判所は、ファラアウ君とは“もう逢わない”ことを条件として、強姦罪を減刑し、仮釈放の身となった。ところが、愛に燃える二人は、我慢できずに逢ってしまい車の中で“密かなsex”を愉しんでいるところを御用となった。当然、再び彼女は逮捕され、今度こそ7年の長きにわたって刑務所に収監された。ルトーノーさんが出所後、彼女を待っていたのは夫ではなく、ファラアウ青年の方だった。その後、二人は秘密裏に結婚した。この頃写したと思われる二人の写真がある。何故か“お似合いの二人”に見えるのだ。ところが、その後12年経って、夫の方から「離婚申請」が出された。その理由は明らかにされていない。弁護士もコメントを拒否している。その理由は何なのか…知ってしまってはいけないことのような気が、私にはする。


最近の記事はこちら

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

「間近で見たい」と思わせるスター

私は個人的に人を差別する方ではないので、一般の方達の“ファン気質”というものが今一つよく解からない。例えば芸能人でも、スポーツ選手でも、政治家でも、その人が有名だから「間近で見てみたい」という風な気持…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.