今日の迷言・余言・禁言

途中までは、どこかで聞いた話?

一人の女性教師がいた。彼女は小学校教師だった。サモア人の両親を持つ12歳の生徒と出逢ったのは34歳の時、その時、彼女には夫と、既に4人の子供がいた。それでも彼女ルトーノー女教師は、12歳のファラアウ君に対して“特別な好意”を寄せた。22歳も年下の少年を“自分のモノ”とせずにはいられなかった。こうして“二人の関係”が始まった。やがてファラアウ君がルトーノーさんに宛てたラブレターを、彼女の夫が発見する。夫は激怒し「児童に対する強姦罪」で妻を告発した。ちなみに漢字の「強姦」は「女」という文字が三つ重なり、その対象が“女性に限定される文字”となっている。つまり、女性の方から“男性を強姦する”など考えられなかったのだ。こうして彼女は逮捕されたが、すでに妊娠していて、結局、収監される直前、ファラアウ君の子を出産した。そこで裁判所は、ファラアウ君とは“もう逢わない”ことを条件として、強姦罪を減刑し、仮釈放の身となった。ところが、愛に燃える二人は、我慢できずに逢ってしまい車の中で“密かなsex”を愉しんでいるところを御用となった。当然、再び彼女は逮捕され、今度こそ7年の長きにわたって刑務所に収監された。ルトーノーさんが出所後、彼女を待っていたのは夫ではなく、ファラアウ青年の方だった。その後、二人は秘密裏に結婚した。この頃写したと思われる二人の写真がある。何故か“お似合いの二人”に見えるのだ。ところが、その後12年経って、夫の方から「離婚申請」が出された。その理由は明らかにされていない。弁護士もコメントを拒否している。その理由は何なのか…知ってしまってはいけないことのような気が、私にはする。


最近の記事はこちら

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.