今日の迷言・余言・禁言

途中までは、どこかで聞いた話?

一人の女性教師がいた。彼女は小学校教師だった。サモア人の両親を持つ12歳の生徒と出逢ったのは34歳の時、その時、彼女には夫と、既に4人の子供がいた。それでも彼女ルトーノー女教師は、12歳のファラアウ君に対して“特別な好意”を寄せた。22歳も年下の少年を“自分のモノ”とせずにはいられなかった。こうして“二人の関係”が始まった。やがてファラアウ君がルトーノーさんに宛てたラブレターを、彼女の夫が発見する。夫は激怒し「児童に対する強姦罪」で妻を告発した。ちなみに漢字の「強姦」は「女」という文字が三つ重なり、その対象が“女性に限定される文字”となっている。つまり、女性の方から“男性を強姦する”など考えられなかったのだ。こうして彼女は逮捕されたが、すでに妊娠していて、結局、収監される直前、ファラアウ君の子を出産した。そこで裁判所は、ファラアウ君とは“もう逢わない”ことを条件として、強姦罪を減刑し、仮釈放の身となった。ところが、愛に燃える二人は、我慢できずに逢ってしまい車の中で“密かなsex”を愉しんでいるところを御用となった。当然、再び彼女は逮捕され、今度こそ7年の長きにわたって刑務所に収監された。ルトーノーさんが出所後、彼女を待っていたのは夫ではなく、ファラアウ青年の方だった。その後、二人は秘密裏に結婚した。この頃写したと思われる二人の写真がある。何故か“お似合いの二人”に見えるのだ。ところが、その後12年経って、夫の方から「離婚申請」が出された。その理由は明らかにされていない。弁護士もコメントを拒否している。その理由は何なのか…知ってしまってはいけないことのような気が、私にはする。


最近の記事はこちら

「赤い球」ではなく「蒼白い球」

人間は齢を取って来ると“自分の死”というものを考えるようになる。どういう“死に方”をするのだろうか。“いつ”死ぬのだろうか。それまでに“何”をしておけば良いのだろうか。…ということで、アントニオ猪木氏…続きを読む

前大統領へ離党勧告を下す国民

私にはどうしても解からないことがある。韓国民の心情だ。前大統領であった朴槿恵被告に対し、旧与党である自由韓国党は事実上の“除名処分”である離党勧告を下す決定をしたという。かつて日本でも、収賄罪で田中角…続きを読む

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊とな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.