今日の迷言・余言・禁言

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその緒や胎盤まで着いた新生児の遺体であった。教師はすぐに警察に連絡し、千葉県市原市にある市原望洋高校の校舎裏は大騒ぎとなった。今後の捜査が待たれるところだが、状況から判断すると、校舎裏側の砂丘付近で産んだとしか思えない。高校の校舎裏に適度な砂丘があることを知っていて、独りでも産めそうだと判断するのは、その高校の関係者である可能性が高い。私が思うに、おそらく、その高校に通ったことのある女性に違いない。その高校の在校生か、休学中の子か、退学した子か、卒業して間もない子か、多分、それらのいずれかであろう。そして、おそらく妊娠させた男性も、その高校に何らかの形で関係があるような気がする。もっとも、これ以上は単なる“想像の域”を出ないので書きようがない。ただ出産した女性は、自分の家族にも、友達にも、相談していなかったような気がする。そうでなければ、もう少し違った“産み方”がある。何となく校舎裏での出産には“新生児の意思”が反映していたような気がしてならない。それにしても、状況から判断して単独での出産だが、そうだとすれば夜間か、日曜日か、どちらかであっただろう。案外、すぐに判明しそうな気もするが、もし、周囲に妊娠していることを気付かれていなかったとすれば、捜査は難航するだろう。身長が40㎝だったらしいので、通常よりもかなり小さめではある。したがって、出産前までお腹がそれほど目立たなかった可能性もある。出産女性を特定することも大切だが、それと同時に、独りで出産する状況を作った父親男性も判明して“新生児からの怨念”を受けることになるだろう。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.