今日の迷言・余言・禁言

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその緒や胎盤まで着いた新生児の遺体であった。教師はすぐに警察に連絡し、千葉県市原市にある市原望洋高校の校舎裏は大騒ぎとなった。今後の捜査が待たれるところだが、状況から判断すると、校舎裏側の砂丘付近で産んだとしか思えない。高校の校舎裏に適度な砂丘があることを知っていて、独りでも産めそうだと判断するのは、その高校の関係者である可能性が高い。私が思うに、おそらく、その高校に通ったことのある女性に違いない。その高校の在校生か、休学中の子か、退学した子か、卒業して間もない子か、多分、それらのいずれかであろう。そして、おそらく妊娠させた男性も、その高校に何らかの形で関係があるような気がする。もっとも、これ以上は単なる“想像の域”を出ないので書きようがない。ただ出産した女性は、自分の家族にも、友達にも、相談していなかったような気がする。そうでなければ、もう少し違った“産み方”がある。何となく校舎裏での出産には“新生児の意思”が反映していたような気がしてならない。それにしても、状況から判断して単独での出産だが、そうだとすれば夜間か、日曜日か、どちらかであっただろう。案外、すぐに判明しそうな気もするが、もし、周囲に妊娠していることを気付かれていなかったとすれば、捜査は難航するだろう。身長が40㎝だったらしいので、通常よりもかなり小さめではある。したがって、出産前までお腹がそれほど目立たなかった可能性もある。出産女性を特定することも大切だが、それと同時に、独りで出産する状況を作った父親男性も判明して“新生児からの怨念”を受けることになるだろう。


最近の記事はこちら

宝石のオマケ付き⁉「ベルばら」カレー

時々どうしてコラボしているのかわからない商品が出る。昨日、宝塚北サービスエリアだけで“限定販売”され出した「ベルサイユのばらカレー」もそうだ。漫画『ベルサイユのばら』をイメージした“ご当地カレー”を宝…続きを読む

「境遇」の中で見つける「生き方」

学校ではさまざまな知識や技術を教えてくれるが「生き方」については教えてくれない。「生き方」というものを本能的に学ぶのは、その人が育ってきた境遇が一番なのだ。10月18日の夕方、埼玉県和光市でマンション…続きを読む

「温泉付き別荘」が100円で購入できる⁉

少子高齢化に伴って「空き家」はどんどん増えていく。不動産情報サイトには“驚き価格”が目白押しだ。中でも目を引くのは極端な“たたき売り価格”。本当だろうかと誰もが思う。例えば、伊豆の温泉付き二階建て別荘…続きを読む

「ジュリー」は、もういない

世の中には“美形”に生まれて来る人もいれば、そうでない人もいる。先ごろ亡くなった樹木希林さんは“美形”ではなかったことが、後年になって“重宝”された。CMでも「美しい方はより美しく、そうでない方はそれ…続きを読む

イスラム教は、やっぱり怖い!

イギリスの中東専門ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」は16日、サウジ人記者カショギ氏がサウジ総領事館内で生きたままテーブルの上で身体を切断され7分で死亡した、と伝えている。切断したのは“暗殺集団…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.