今日の迷言・余言・禁言

遅れてやってきた「二番底」が怖い

とうとう「その日」がやってきた。世界の株価が「二番底」に向けて“一気に動き出す日”である。日経平均は昨日、大きく下落した。最近の「日本株」は“世界の株価”の先駆けとなる。ニューヨークの動きを察知したかのように“先回り”して動く。ただ日経平均の下落率はそう大きくはなかった。現在進行形のニューヨークの「ダウ」は、これを書いている段階で1800ドルも下落していて、世界の株価もそれに引き摺られている。一つだけ“救い”になるのは、日本の場合、思ったほど「円高」が進行していないことだ。多分これからも極端な円高は避けられるのではないか。これで「円高」も同時に進むと、ほんとうに救いようがなくなる。私は以前「二番底が来る」と予告した。けれども、その時には奇妙にも再び株価が上昇したのだ。明らかに“不自然な形”で元に戻した。本当はあのとき来ていた方が「経済の崩壊」は短くて済んだ。いったん、持ち直して、多くのアナリストが「もう二番底はない」と断言した今になって、二番底に向かっていくのは「世界の経済の低迷」が長期に及ぶことを示唆する。先ほども述べたように、円高が進まなければ、日本株に関しては、それこそニューヨークよりも早く浮上する可能性が高い。実際、日本の“コロナの感染者数”は世界的に観ると少ない。ただ感染者数は少ないのだが、その影響力は他の国よりも大きい。これにはいくつか理由があって、その一番は日本が島国で“諸外国”を抜きには生活できない国だからである。つまり日本国自体は“大丈夫”になっても、他の国がほんとうに“大丈夫”になるまで、経済的には回復しにくいのだ。そういう意味では、はやく「アフリカ」の諸国を救済しなければいけない。特に医療の分野で大量の人員を、欧米とも連携して派遣する形が本当は必要なのだ。もちろん、今の日本には他国に手を差し出すだけの余裕がない。だから、今すぐはムリでも、ある程度日本が収まった段階で、それを考えていかないと、一見、日本には関係がないようなアフリカの国の“感染者数拡大”が、わが日本にいつまでも“足枷”を与えることになるだろう。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.