今日の迷言・余言・禁言

遅れてやってきた「二番底」が怖い

とうとう「その日」がやってきた。世界の株価が「二番底」に向けて“一気に動き出す日”である。日経平均は昨日、大きく下落した。最近の「日本株」は“世界の株価”の先駆けとなる。ニューヨークの動きを察知したかのように“先回り”して動く。ただ日経平均の下落率はそう大きくはなかった。現在進行形のニューヨークの「ダウ」は、これを書いている段階で1800ドルも下落していて、世界の株価もそれに引き摺られている。一つだけ“救い”になるのは、日本の場合、思ったほど「円高」が進行していないことだ。多分これからも極端な円高は避けられるのではないか。これで「円高」も同時に進むと、ほんとうに救いようがなくなる。私は以前「二番底が来る」と予告した。けれども、その時には奇妙にも再び株価が上昇したのだ。明らかに“不自然な形”で元に戻した。本当はあのとき来ていた方が「経済の崩壊」は短くて済んだ。いったん、持ち直して、多くのアナリストが「もう二番底はない」と断言した今になって、二番底に向かっていくのは「世界の経済の低迷」が長期に及ぶことを示唆する。先ほども述べたように、円高が進まなければ、日本株に関しては、それこそニューヨークよりも早く浮上する可能性が高い。実際、日本の“コロナの感染者数”は世界的に観ると少ない。ただ感染者数は少ないのだが、その影響力は他の国よりも大きい。これにはいくつか理由があって、その一番は日本が島国で“諸外国”を抜きには生活できない国だからである。つまり日本国自体は“大丈夫”になっても、他の国がほんとうに“大丈夫”になるまで、経済的には回復しにくいのだ。そういう意味では、はやく「アフリカ」の諸国を救済しなければいけない。特に医療の分野で大量の人員を、欧米とも連携して派遣する形が本当は必要なのだ。もちろん、今の日本には他国に手を差し出すだけの余裕がない。だから、今すぐはムリでも、ある程度日本が収まった段階で、それを考えていかないと、一見、日本には関係がないようなアフリカの国の“感染者数拡大”が、わが日本にいつまでも“足枷”を与えることになるだろう。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.