今日の迷言・余言・禁言

遅咲き二人の「和製大砲」が出現?

プロ入り12年目の選手とか19年目の選手なのだから、間違いなく“遅咲きの二人”ということになる。近年は比較的早くから素質開眼する選手が多く、プロ入り10年を過ぎてから「和製大砲」となるケースはほとんどない。だが、もしかしたら今年はその“遅咲きの和製大砲二人”が出現するかもしれない、という話だ。どこの球団かって…それは中日ドラゴンズ。プロ12年目の福田永将内野手と、プロ19年目の松坂大輔投手のことだ。ん? 松坂? おかしいじゃないかって…やっぱり思う。まあ、そうですけど…。それでも、この男、横浜高校時代は4番を打っていたこともあり、通算14本もホームランを打っているのだ。プロに入ってからはパ・リーグということもあり、打席に立つ機会がなく素質を開眼できなかったが、今季はセ・リーグなので打席に立てる。だから久々に「打者・松坂」を見せられると張り切っているのだ。その、つまり「二刀流でいこうかと…」。その後輩で同じ横浜高校時代、不動の4番打者だったのが福田永将内野手だ。こちらの方は、以前から「和製大砲」の呼び声は高かったのだが、調子に波があり、本番に弱い、という弱点があった。ここに来て、ようやく1軍の投手達にも慣れ、先輩・松坂入りということで張り切っている。昨日は22スイングで11本の柵越え。当たれば半分はホームランというタイプ。こういう選手は、形が嵌まりだすと本領を発揮できる。但し、怪我をしやすいので注意が必要だが…。高校時代は捕手だった選手なのだから、どうせなら松坂とコンビを組ませてやれば良いのに…と思ったりもする。この横浜コンビが“遅咲き二人の和製大砲”である。まあ、“遅咲きの二刀流”はとりあえず最初だけでも“観客動員”に貢献してくれる。そして投手としての本領を発揮できれば、間違いなく20勝(?)は行く。最初の1試合を見て、大丈夫なら必ず勝ち始める。但し、最初の1試合目がダメなら「代打」として使った方が良い。とにかく“中日の二刀流”なのだ。


最近の記事はこちら

「チーム風土」なのか「小松美羽」なのか

現代の芸術・芸能の世界は、その舞台を“片田舎”から…あっという間に“世界”に変える。けれども、そこには“影の仕掛人”が存在しているケースも多い。今や日本を飛び出し、そういう形で世界に羽ばたきつつある人…続きを読む

デヴィ婦人ではなく、孫正義氏が「顔」

日本では最近、未来に関しては“浮かない話”が多い。せっかく海外からの投資資金を呼び込むのに“絶好のチャンス”だった「IR事業構想」も、一部のおかしな政治家が賄賂など受け取ったことで、もはや“汚い事業”…続きを読む

「豪」→「比」→「 」の自然災害

ご存じのように「豪=オーストラリア」の“森林火災”は自然災害だ。そして今月12日「比~フィリピン」の“タール火山”が大噴火した。ただ、これは序章であって、もっと“大きな爆発的噴火”が起こる可能性もある…続きを読む

インターネットが「中国」を変えた

私が中国を初めて訪れてから、もう25年以上が経つ。だから、国として変わっていくのは当然なのだが、それにしても大きく変わったと思う。或る記事に、最近の中国でSNS上に投稿された何枚かの写真と説明が“論議…続きを読む

「匿名中傷者」を減らす第一歩

世の中には“顔”や“名前”が出なければ何をやっても良い、という困った考えの持ち主がいる。本人としては「罪」としての意識が低いのかもしれないが、“ネット上の批判や中傷”も度が過ぎれば当然「犯罪」の範疇に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.