今日の迷言・余言・禁言

遅咲き二人の「和製大砲」が出現?

プロ入り12年目の選手とか19年目の選手なのだから、間違いなく“遅咲きの二人”ということになる。近年は比較的早くから素質開眼する選手が多く、プロ入り10年を過ぎてから「和製大砲」となるケースはほとんどない。だが、もしかしたら今年はその“遅咲きの和製大砲二人”が出現するかもしれない、という話だ。どこの球団かって…それは中日ドラゴンズ。プロ12年目の福田永将内野手と、プロ19年目の松坂大輔投手のことだ。ん? 松坂? おかしいじゃないかって…やっぱり思う。まあ、そうですけど…。それでも、この男、横浜高校時代は4番を打っていたこともあり、通算14本もホームランを打っているのだ。プロに入ってからはパ・リーグということもあり、打席に立つ機会がなく素質を開眼できなかったが、今季はセ・リーグなので打席に立てる。だから久々に「打者・松坂」を見せられると張り切っているのだ。その、つまり「二刀流でいこうかと…」。その後輩で同じ横浜高校時代、不動の4番打者だったのが福田永将内野手だ。こちらの方は、以前から「和製大砲」の呼び声は高かったのだが、調子に波があり、本番に弱い、という弱点があった。ここに来て、ようやく1軍の投手達にも慣れ、先輩・松坂入りということで張り切っている。昨日は22スイングで11本の柵越え。当たれば半分はホームランというタイプ。こういう選手は、形が嵌まりだすと本領を発揮できる。但し、怪我をしやすいので注意が必要だが…。高校時代は捕手だった選手なのだから、どうせなら松坂とコンビを組ませてやれば良いのに…と思ったりもする。この横浜コンビが“遅咲き二人の和製大砲”である。まあ、“遅咲きの二刀流”はとりあえず最初だけでも“観客動員”に貢献してくれる。そして投手としての本領を発揮できれば、間違いなく20勝(?)は行く。最初の1試合を見て、大丈夫なら必ず勝ち始める。但し、最初の1試合目がダメなら「代打」として使った方が良い。とにかく“中日の二刀流”なのだ。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.