今日の迷言・余言・禁言

運勢が「眼力」を変える

例えばプロ野球選手でも、絶好調の時には「ボールが止まって見える」という。実は同じようなことが、ごく普通の人たちの日常生活においても起こっている。つまり、運気の良い時には自分が「どう動けば良いのか」が何となく判るのだ。なぜなら、目の前の状況がよく“見えている”からだ。ところが、運気が低迷するとか、環境が急変しようとしているようなときには、見えていたものが“一時的に見えなくなる”状態が起こる。つまり、人間は本能的に“目の前の出来事=直後に起きてくる状況”を、潜在意識下ではすでに把握している。そして、それを不透明な幕の向こうで“映像化”している。通常は“不透明”なのだが、絶好調時には不透明な幕が消え、はっとするほど“鮮明な映像”となる。だから迷わず選択できるのだ。危険なことを回避できたり、素晴らしい相手に出逢えたりする。ただ、それは瞬時の出来事で、じっくりと観察できるようなものではない。だから多くの人は“何となくこちらのほうが良いような…”という曖昧模糊とした感覚で正しい選択をしている。けれども、運気が低迷するとか、環境が急変するようなときには、元々“不透明な映像”がますます不透明となり、何も見えなくなるので「どうしてよいか分からない」状況を作る。それが自然なのだ。ほとんどの人は気付いていないが、運勢が私たちの「眼力」を変え、別人のような“映像”を映し出す。足を踏み出すのが“怖くなる”のは、見えないのだから“当然”なのだ。 


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.