今日の迷言・余言・禁言

運命としての「罪」と「罰」

3月27日、一人の歌手が「45周年記念コンサート」を行った。彼女が事実上の“引退”に追い込まれて、もう25年以上が経過していた。コンサートでは自身が作詞作曲をしたという「ありがとうのかわりに」という新曲も披露していた。ファンは暖かい声援を送ったが、マスコミの多くは否定的な論調を崩していない。一時期、日本中を騒がせた“霊感商法”で脚光を浴びた「統一教会」。その「合同結婚式」に出席して後、人生が大きく変わった桜田淳子氏のコンサートだった。今年2月には新しいアルバムも出していて、その購入者特典として今回のコンサート“チケット優先申し込み”が付いていた。かつて「花の中三トリオ」と呼ばれた三人は、それぞれに違った人生を歩んでいる。森昌子氏は長らく結婚生活を送ったが、離婚し、その後、歌手として復活した。山口百恵氏は結婚後は引退したままである。おそらく桜田淳子氏は、自分が世間的には未だ許されていないことを意識し、コンサート後は無言でタクシーに乗り込んでいる。宗教の広告塔として活躍した芸能人は多い。事実上「広告塔」だった彼女は、その“重い十字架”を背負って生きていく。同じ日、インドから興味深いニュースが入った。ブランドシャールという町で、3月初めに不倫をして夫の元から青年と駆け落ちをし、彼の親戚でかくまわれていた女性が、夫の説得で我が家へと戻った。そうしたところが、村長や長老たちの意見で“姦通罪”として「百叩き」の刑に処せられることになってしまった。公衆の面前で夫から樹に吊るされ、革のベルトでムチ打たれ続ける。その様子は町の人達のスマホで撮影された。彼女は気を失い、引き下ろされた後、群衆たちによって性的暴行を加えられた。その後、病院に入院し、回復後に警察へと訴え出た。こうして、村長や夫などは捕まったが、群衆はまだ捕まっていない。人間の「罪」と「罰」とは何だろう。運命の「罪」と「罰」とは何だろう。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.