今日の迷言・余言・禁言

運命は“53歳差”の夫婦を誕生させた

「たった一日で彼女は僕の心をとりこにした」こういうセリフを吐く若者が時々いる。まあ、日本人は少ないけどね。確かに、そう言うことが稀にはある。但し、それが“53歳も年上の女性”に対してだとしたら、どうだろう。う~ん、あなたも信じられないか。私も、ちょっと信じがたい。けれども、実際にそういう思いから、2週間後にプロポーズをして、めでたく(?)結婚し、その後2年たった現在も良好な結婚生活を送っている二人がいる。アメリカのテネシー州に暮らしていたアメルダさんは息子ロバートが心臓病で急死し、失意の中にあった。その二年前にも、43年間も連れ添ったご主人を亡くしていたからだ。その葬儀の場に、一人の青年が出席していた。それは息子ロバート夫人の甥にあたるゲイリー君だった。このゲイリー君は幼い頃に両親を喪い祖母に育てられていた。そういう意味では自分よりずっと年の離れた女性に元々親近感を抱きやすい環境に育ったと言える。葬儀場で顔を合わせたアメルダさんとゲーリー君だったが、その場では直接会話を交わすことはなかった。ところが、その二か月後、ご主人を亡くしたロバート夫人が子供の誕生会をピザレストランで開き、身近な人達を招待した。その招待客にアメルダさん(70歳)とゲーリー君(17歳)も含まれていたのだ。そして、そのレストランが二人の“運命の出逢い”となった。何んと、双方ともに“一目ぼれ”をしたのだ。ここが奇妙なところで、通常なら、どちらかは好意を持っても、どちらかは常識的には“引く”ものだ。何しろ53歳の年齢差なのだ。ところが双方ともに惹かれ合い、反対した息子もいたのに押し切って、2015年10月26日に結婚した。その後、二年半を経た現在も“愛情いっぱいの生活”を継続している。「運命の女神」は時々こういうイタズラをする。


最近の記事はこちら

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

世界は沈黙で「日本へのミサイル」を許す⁉

2月27日にベトナムのダナンで第2回目の「米朝会談」が開かれることが決定的となった。日本国内においては、今回の会談を重要視する人は少ない。ほとんどの人が「なんでまたやるの?」「同じことの繰り返しでしょ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.