今日の迷言・余言・禁言

“運命”を感じさせる「マネーの虎」たち

今から15年ほど前「マネーの虎」という人気番組があった。有名実業家たちの前で、自分の持っている“投資企画案”を語って事業資金を引き出そうとする番組だった。もし実業家たちが、その話に魅力を感じて“投資しよう”ということになれば「マネー成立」、誰も魅力を感じなければ「マネー不成立」となる。それによって、何人もの起業意欲のある若者たちが実際に事業を立ち上げ、或いは起業を断念して画面から消えた。その話のやり取りに“ヤラセ”はなく、ガチで勝負するということで“リアルな商談の場”として迫力があった。当時、巨万の富を持つ個性派ぞろいの社長たちが“投資家”として、応募志願者に向き合っていた。リサイクル事業の堀之内九一郎氏、外車輸入販売の南原竜樹氏、“なんでんかんでん”の川原ひろし氏、パスタチェーンの安田久氏、不動産販売の上野健一氏、創作料理の小林敬氏、“ひばりの子息”加藤和也氏などだ。このうち、外車輸入販売の南原竜樹氏は既に「しくじり先生」に出て過去の失敗経験談を語っている。今回の「しくじり先生」では、“なんでんかんでん”の川原ひろし氏が出演して、とんこつラーメン全店舗を閉鎖しなければならなくなった失敗経験談を語るらしい。実は、それ以外の社長たちの多くが成功を保つことは出来なかった。リサイクル事業の堀之内氏はホームレスからリサイクル店を立ち上げ、年商100億250店舗にまでした成功者だったが、やがて負債15億で事業破たんした。不動産販売の上野氏は年商72億だったが167億の負債を抱えた。創作料理の小林氏は年商56億だったが、20億の負債で自己破産した。なんと、ほとんどの社長が事業破たんしているのだ。当時、TV的な演出もあって“札束”をテーブルに積んでいた社長たちだが、その金がブーメランのように自分たちを窮地に追いやっていった。彼らが“ボロクソに叱りつけた”応募志願者の中には、その後、着実に成功への階段を上っている人たちもいる。「運命」は、今現在からの“単純な見通し”だけからは語れない。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.