今日の迷言・余言・禁言

“運命”を感じさせる「マネーの虎」たち

今から15年ほど前「マネーの虎」という人気番組があった。有名実業家たちの前で、自分の持っている“投資企画案”を語って事業資金を引き出そうとする番組だった。もし実業家たちが、その話に魅力を感じて“投資しよう”ということになれば「マネー成立」、誰も魅力を感じなければ「マネー不成立」となる。それによって、何人もの起業意欲のある若者たちが実際に事業を立ち上げ、或いは起業を断念して画面から消えた。その話のやり取りに“ヤラセ”はなく、ガチで勝負するということで“リアルな商談の場”として迫力があった。当時、巨万の富を持つ個性派ぞろいの社長たちが“投資家”として、応募志願者に向き合っていた。リサイクル事業の堀之内九一郎氏、外車輸入販売の南原竜樹氏、“なんでんかんでん”の川原ひろし氏、パスタチェーンの安田久氏、不動産販売の上野健一氏、創作料理の小林敬氏、“ひばりの子息”加藤和也氏などだ。このうち、外車輸入販売の南原竜樹氏は既に「しくじり先生」に出て過去の失敗経験談を語っている。今回の「しくじり先生」では、“なんでんかんでん”の川原ひろし氏が出演して、とんこつラーメン全店舗を閉鎖しなければならなくなった失敗経験談を語るらしい。実は、それ以外の社長たちの多くが成功を保つことは出来なかった。リサイクル事業の堀之内氏はホームレスからリサイクル店を立ち上げ、年商100億250店舗にまでした成功者だったが、やがて負債15億で事業破たんした。不動産販売の上野氏は年商72億だったが167億の負債を抱えた。創作料理の小林氏は年商56億だったが、20億の負債で自己破産した。なんと、ほとんどの社長が事業破たんしているのだ。当時、TV的な演出もあって“札束”をテーブルに積んでいた社長たちだが、その金がブーメランのように自分たちを窮地に追いやっていった。彼らが“ボロクソに叱りつけた”応募志願者の中には、その後、着実に成功への階段を上っている人たちもいる。「運命」は、今現在からの“単純な見通し”だけからは語れない。


最近の記事はこちら

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.