今日の迷言・余言・禁言

過去と未来が交錯する「カフェ」

最近、街に出ると新たな「カフェ」がオープンしているのを見かけることが多い。一時期「喫茶店」が次々と閉鎖していった時期があった。私は10代後半~30代半ばにかけ喫茶店をずいぶん利用していたので、次々と閉鎖してしまうのを寂しく思っていた。携帯電話の普及によって、多くの人は昔ほど喫茶店を利用しなくなった。待ち合わせ場所が「喫茶店」でなくてもよくなったからである。特に若い人たちは、喫茶店でコーヒーや紅茶を飲むことを無駄と捉える風潮が強くなっている。確かに、缶コーヒーの方がずっと安いし、無料で利用できる公園のベンチやテーブルまで備えた休憩所も多くなった。軽食を求めるならハンバーガーの店とか、おにぎりの店まである。それらに比較すると、確かに喫茶店のコーヒー代は高い。それに、現在の喫茶店には昔から営業している店が多い。歳月が内装やインテリアを古ぼけたものにしている。ただ現在でも営業している店は立地の良い店が多く、“待ち合わせ”場所や“一休み”や“読書”や“癒されたいとき”などにはうってつけである。近年オープンしている「カフェ」の方にはオシャレな店が多い。インテリアに凝っているとか、メニューに凝っているとか、流している音楽も独特なところが多い。日本の店でありながら、海外のカフェに迷い込んだかのような“異空間”を演出しているところも多い。こういう店内なら「タロット占い」が似合いそうだな…と思うこともある。ただ逆に、奥のテーブルで“一人占い”をしている翳りある女性がいたなら、その方が似合いそうだなと思ったりもする。「カフェ」であれば、アルコールを提供できるので、多分利益率が良く、それもあってオシャレな「カフェ」にするのだろう。居酒屋さんの“賑やかさ”を嫌う人達にとって、今後ますます需要な多くなっていくような気がする。


最近の記事はこちら

「憲法9条」にしがみつく時代ではない

日本の“事前調査”というのは、どこかのお国と違って“きわめて正確”である。したがって、終盤になって“番狂わせ”が起こるということもなく、報道各社の事前予想通りの選挙結果になった。これでどうやら「憲法改…続きを読む

「赤い球」ではなく「蒼白い球」

人間は齢を取って来ると“自分の死”というものを考えるようになる。どういう“死に方”をするのだろうか。“いつ”死ぬのだろうか。それまでに“何”をしておけば良いのだろうか。…ということで、アントニオ猪木氏…続きを読む

前大統領へ離党勧告を下す国民

私にはどうしても解からないことがある。韓国民の心情だ。前大統領であった朴槿恵被告に対し、旧与党である自由韓国党は事実上の“除名処分”である離党勧告を下す決定をしたという。かつて日本でも、収賄罪で田中角…続きを読む

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.