今日の迷言・余言・禁言

過去と未来が交錯する「カフェ」

最近、街に出ると新たな「カフェ」がオープンしているのを見かけることが多い。一時期「喫茶店」が次々と閉鎖していった時期があった。私は10代後半~30代半ばにかけ喫茶店をずいぶん利用していたので、次々と閉鎖してしまうのを寂しく思っていた。携帯電話の普及によって、多くの人は昔ほど喫茶店を利用しなくなった。待ち合わせ場所が「喫茶店」でなくてもよくなったからである。特に若い人たちは、喫茶店でコーヒーや紅茶を飲むことを無駄と捉える風潮が強くなっている。確かに、缶コーヒーの方がずっと安いし、無料で利用できる公園のベンチやテーブルまで備えた休憩所も多くなった。軽食を求めるならハンバーガーの店とか、おにぎりの店まである。それらに比較すると、確かに喫茶店のコーヒー代は高い。それに、現在の喫茶店には昔から営業している店が多い。歳月が内装やインテリアを古ぼけたものにしている。ただ現在でも営業している店は立地の良い店が多く、“待ち合わせ”場所や“一休み”や“読書”や“癒されたいとき”などにはうってつけである。近年オープンしている「カフェ」の方にはオシャレな店が多い。インテリアに凝っているとか、メニューに凝っているとか、流している音楽も独特なところが多い。日本の店でありながら、海外のカフェに迷い込んだかのような“異空間”を演出しているところも多い。こういう店内なら「タロット占い」が似合いそうだな…と思うこともある。ただ逆に、奥のテーブルで“一人占い”をしている翳りある女性がいたなら、その方が似合いそうだなと思ったりもする。「カフェ」であれば、アルコールを提供できるので、多分利益率が良く、それもあってオシャレな「カフェ」にするのだろう。居酒屋さんの“賑やかさ”を嫌う人達にとって、今後ますます需要な多くなっていくような気がする。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.