今日の迷言・余言・禁言

都知事選より面白い「5人の美女」の闘い

昔から「女の闘い」というのは熾烈なもので、それも“5人もの闘い”ということになれば、熾烈を極めるのは言うまでもない。「東京都知事選」の陰に隠れる形で秘かに行われるはずだったが、ここに来て俄然注目を集め出したのは、やはり「5人の美女の闘いだから」に尽きる。7月5日に投開票となる「北区都議補選」のことである。しかも、この闘い、或る意味では上手く色分けされていて、その一人目は自民党と公明党とが推す山田加奈子氏(49歳)で前区議議長まで務めた人物である。その二人目は“都民ファーストの会”が推す天風いぶき氏(35歳)で元タカラジェンヌで小池都知事の秘書を務めていた人物である。その三人目は立憲民主党と共産党とが推す斉藤里恵氏(36歳)で元区議で“筆談ホステス”として有名な人物である。その四人目は“日本維新の会”と“新しい党”とが推す佐藤古都氏(32歳)で“障害者支援の会社”に勤める人物である。その五人目は“ホリエモン新党”が推す新藤加菜氏(27歳)で動画配信で“ゆづか姫”として人気を集める人物である。つまり、いま日本の政治を動かす勢力がこぞって参加し“全国区型の人物”を投入して闘っているのだ。実は大昔まだ20歳前後の時に、私はこの地域に3週間ほどだが暮らしたことがある。「東京」とは名ばかりの“片田舎だった地域”だ。「十条銀座」が懐かしい。そういう北区で「定員1名」のところに、各党が“エース級”ともいうべき5人の美女を投入した格好だ。候補者の年代も20代が一人、30代が三人、40代が一人と、若い世代の配分となっていて、60代や70代は一人もいない。そういう点でも、まさに「女たちの闘い」を演じられるし、加えて5人共「男性と互角に闘える美女たち」でもある。こんなことを言うと“その種の団体”から批判されそうだが、少なくとも“金がバラまかれる選挙”になる心配はなく、むしろ“女の魅力”が勝負を分けそうな気がするのは、“東京の片田舎”を懐かしむ私だけなのであろうか。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.